2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「オーストリー」 にして差し上げなさいな
- 2010/02/07(Sun) -
よその国のお名前なんだから、その国の人がやめてほしい、変えてくれ、と言うなら、「名刺や書類も変えなきゃならんから難しい」 なんてケチなことを言わずに変更して差し上げればよいのに.

もともと、「オーストラリア」 と 「オーストリア」 とは語源からしてまるで違うのだから、まぎらわしい表記にした日本人が思慮に欠けたのだ.

南半球の 「オーストラリア」 は、当時の教養語ラテン語の australis(南の)という単語に由来するのに対して、

ヨーロッパのドイツの南東に現在ある 「オーストリア」 は、ドイツ人が 「東の王国」 と呼んだ、まあカタカナで書けば 「エスタライヒ」 という単語に由来するのだ.スウェーデンでだって、その国は 「エスタリーケ」 と呼ぶ.

それにしても、戦後日本と同じようにおとなしくなったドイツだが、昔は幅をきかせていたのだ.「フランス」 という名前だって、もともとはゲルマン人のフランク族の名前をとって 「フランクライヒ」(スウェーデン語なら 「フランクリーケ」 で 、「フランク族の王国」 の意味)と呼んだことに由来しているんだから.

まあ、ゲルマン人の名前をつけられてそれをいまも使っているフランスも度量が広いといえるかな.

b




(本記事は2006年11月17日に書かれた.)

この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<空間移動 | メイン | 環境をかえて新能力を開発する ―― ウプサラでの自転車が教えること>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/95-c0160721
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。