スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
自覚した、つまり、ブッダたることの苦難
- 2014/10/14(Tue) -
ヒトはどうして自分の考えの及ばないところを考えている別のヒトがすぐ隣にいる、という可能性を思わないのだろう。





自分が及ばない考えをいだく者の存在を常に意識しないとは………




無知の幸福、



というべきか。








この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<美しい存在 | メイン | 動物と言われるものらから>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/912-6423e136
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。