2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
性教育
- 2011/09/23(Fri) -
テレビをつけたら、14歳の女の子が妊娠するドラマをやっていた。

女の子は、激怒する父親に対して、「私は愛しているからこうなったの!」 と言い返した。


一見すると 「14歳で人を本気で好きになれるはずがない!」 という父親が短絡的なように思える。

娘のほうがなんだかまっとうなように見える。



肉体的、社会的に言えば、彼女は妊娠しないほうがよかった。しかし、愛し合う行為は、早すぎるとはいえ、絶対な悪ではない。

つまり、相手の男がもっと賢く、コンドームの使用さえ知っていればよかった話なのだ。


それを使わなかった点で、やはり妊娠させた男はとがめられるべきで、女の子も不注意だったというべきだ。

父親も、自分が正しい性教育をしていなかったから責任はある。


ただそれだけの話なのだ。そんな 「ただの失敗談」 がドラマになるなんて、日本は、おくれている、というしかない。スウェーデン人が見たら、「ただしい性教育がなされていない国ではこうなるのです」 という説明がされて終わりなのではないだろうか。


私は、11歳の血の繋がらない娘に、コンドームを見せた。私の上にまたがってじゃれたりするから、好きな男性ともそういうことになるかもしれない。それで、子どもができる行為と、それにともなう好奇心や快楽に引かれたら、ためしてもよいが、コンドームをつけてすること、と教えた。無論、彼女の未来の相手が知らなかったときのために、装着法も説明してみせた。


彼女の実母は教育者だが、自分には適切に教えられないから、私に頼むと言っていた。日本のレベルは、学校教師まで何が大事かを見落としているのだろう。


性を、暗く、盗み味わうもののように考える傾向がいけないのだ。欲望で不倫や浮気をするくらいなら、すべてを捨てても別れて相手を選べ。そうでなかったら、動物以下の存在だ。(と言ったら、他の動物に失礼だ。) つまり、最低最歪みの生き物だ。


e



(2006.10.19.記)
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<年上の者の見方を尊ぶべし ─── 沖縄への提言 | メイン | 目覚め>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/85-02e157ab
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。