2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
リタイア
- 2014/04/04(Fri) -
犬の世話もし始めた、というと、たいていの知人は、猫も何びきかいるのに、動物の食費も自分の以上にかかるだろう、と心配してくれるが、子どもが、あるいは恋人が一人いると思えば、動物の数頭の出費などその比ではない。

そう言うと、動物に入れ込むようだと、もうオトコとして終わったな、と言われるが、それは否定しない。もう十分だ。

動物はニンゲンと違って、分をわきまえるし、小言も言わない。無言で意思疏通できる相手だ。最高の伴侶と言える。

(こう書いている私は大真面目である。)

問題は彼女彼等よりも私が先に逝くことがほぼ確実である点だが、隣家の犬猫それぞれ二頭ずつ飼っているおばあさんとともに、動物たちの行く末は、おばあさんの小4の孫娘に託すことに決めてある。

老人たちの勝手な思惑である。



この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ターミネーター | メイン | 外国語学習覚え書き>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/834-910de14b
| メイン |