2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
価値観
- 2014/03/26(Wed) -
私がスウェーデンに行く前に愉しく読めていた古語はサンスクリットと古典ギリシャ語、ラテン語、古代教会スラヴ語等の屈折の豊富な言語、そしてゴート語、古低・古高ドイツ語、古英語、古アイスランド語などの簡便な古ゲルマン諸語。現代語では、英語、ドイツ語、ロシア語だけだった。

そう、私は、今だったら絶対にマスターしたいスペイン語やポルトガル語はおろか、たいていの大学生でも知っているフランス語さえ知らなかったのである。フランス語は受講希望者が多くて私は早稲田時代は毎年登録抽選にもれていた。



スウェーデンのウプサラ大学はスウェーデンの最高位で (日本のスウェーデン語の教授の論文雑誌がうやうやしく送付献呈されたまま積まれているのをノルド語研究室で見たことがあるが、周囲の学問の深さとその日本語論文の浅薄さに私は日本出身者として恥ずかしさにいたたまれず、スウェーデン人学生たちが、日本語を一片も知らないようにと祈ったものである)、かつ北欧最古の大学だから、私は、レストランに飛び込む腹ペコ虎のような気持ちでスウェーデンに乗り込んだ。

* ちなみに、日本のスウェーデン語科の大学教授の仕事が
スウェーデン語の図書の翻訳であったりするが、
それが、スウェーデンの大学の教科書にすぎない、
という事実もある。
そんなもの、留学したら、
学生が覚えて試験で使わなければならない程度の知識であるのに、
それが一般向けに教授さまの業績のようにわざわざ刊行されている。
井の中の蛙教授に教わるさらに狭い知見の学生たち・・・
日本の北欧理解は、まだまだこんな程度なのである。
50年たっても、ドイツ人やフランス人のスウェーデン理解に
日本人は追いつけないに違いない。閑話休題)




自分の論文とスウェーデン語マスターを除いて、外国語遊びとしての私の第一最大の関心は、アイルランド語とケルト語だった。(リトアニア語は、ウィルニュス大学からの留学生男女二人とルーン石碑の授業で組まされたので親しくなり、実地に学べる機会を早々に得た。)


どっちも受講希望するスウェーデン人学生はそういないだろう・・・とたかをくくっていたら、アイルランド語の授業にはかろうじて入れたが、ケルト語は完全に締め出された。二年めもダメだった。スコットランド語も120%満席だった。

日本では教員さえいないようなそれらの言語も、映画 Braveheart や Enya の音楽を知ればケルトやアイルランドの精神に興味をもつのがむしろ当たり前の第一歩だ。日本人の学生には、それらの映画も音楽も、「英語」 のものでしかないだろうが、当たり前の耳をもつ人間ならば、それらが英語の世界とはずれたところに源をもつものであることは自明なのだ。







日本で私はフランス語にフラれ、スウェーデンではケルト語に蹴り出され、私は仕方なく、印欧語ですらないフィンランド語を選択してウサを晴らそうとした・・・ら、そこで、私は、日本とスウェーデンを通じて同級生で唯一兜を脱いだ、光線のような閃きの頭脳をもった女の子メーリットに出会ったのである。彼女の話はまた今度。


この記事のURL | 言語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<森林にて i | メイン | 日本人は劣っている>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/831-cd61a154
| メイン |