寒波襲来 あるいは、猫侍(2)
- 2014/01/09(Thu) -
日本にそうない寒波が訪れるらしい.アメリカさえもその傘下とか.





沖縄には寒波は無縁だとニュースを哂っていたら、私がいる南西諸島の島でも昨日よりマイナス7℃になったとか.ここも日本であった.






仕事のあとに遅く郵便局のATMに寄ったら、首輪と腹巻をした小型犬が放置されてうろうろしている.






家畜は、自分では生きられない. ニンゲンの援助がなければ、生きる方途のないものたちだ.










自分の意思だけで生きられるのは、野生の強い獣と知恵を使い種族の栄を築いたニンゲンだけなのか.
いやニンゲンとてその一部のみ.所詮、人間社会もまた野生.







帰宅して、きょうは、子どもを受けない日にしたので久しぶりにのんびりして、つい、先日偶然に最終回を観た 『猫侍』 というドラマをある程度続けて観倒してしまった.

猫侍1









このドラマは、製作者が意図していたか知らぬが、









猫との共生によって、ニンゲンが生き方と考え方をより善く変えた話なのだった.筋を知ったら、なんだか拍子抜けした.












猫なら、ここにも、たくさんいる.




とっくに、大いなる向上があってもよさそうなものだが、この私ときたら、ここでもまた世人の例外なのか.


















そういえば、ドラマで、猫を飼う侍が、「剣は強いが、(ニンゲンが)弱いため、鬼になりきれない」 と言われているが、私は、隣のおばあさんに、「あなたは優しすぎる」 と年明けに卜占のように言われたのを思い出した.











弱いとか、やさしすぎるとか、









全部ひっくるめて、













猫たちに魚やって私はウイスキィ飲んで、寒波でも暖かく一緒に寝て、それで、







あとは、



















生という名の盲目の意思に我ら導かれゆく







20131204-135842.jpg

20130601-122311.jpg

20130525-144141.jpg

20130123-061048a.jpg

20121212-220716.jpg


20130602-122225.jpg

20130612-043109.jpg


dj40p.png


 
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<やすらぎ | メイン | ラッキーライト>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/821-6d986fde
| メイン |