無知の深さ
- 2013/11/29(Fri) -
ノーベル賞とる日本人が何人いようと、世界の科学水準がどれだけ上がろうと、










ヒトは、あいかわらず、なにもわかっていない.










この時代、生きてゆくには、理工系の職業に就くのがよいだろうが、








人間の無知を自分に引き当てて理解するには、文系の学問(特に、古い時代の学問を知ればよいのだが)を、まあ、・・・そんなに両者を修めたヒトはそういない.仮にいるのが、いまの成功者たちだ.









妻と訣かれ、動物や児童をさいなみ、自分はエラいと思うし学生もつき従うが何が善か実は本当にわかっていない教師や、家に高給を運ぶが職場では部下にあしらわれている年輩者や、やっと一部上場会社に就職できて鼻高々腹膨らませて夜の街で歌いつつも自分の本職には全然自信をもってない者や・・・









ヒトは、いつになったら、自分と他者をわかり、よりよく社会を向上させるために全力で協働できるようになるのだろう.






カンタンなことなのに. そして、









本当には、








その先に、もっと大事なことがあるのに.






20131113-092730.jpg






この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<寒さー続 | メイン | 寒さ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/807-c8d2d742
| メイン |