スウェーデン人の恋人たち
- 2013/11/12(Tue) -
私がスウェーデンにいた間に知った恋人たちで、つきあいの始めから私が親しかった者たちは、




告白




ということをしてはいなかった.





日本では、「告白」 することが何か重要なことのように思われているようだが、




実は私も日本の恋人たちのだれにも 「告白」 をしたことはなく、




スウェーデンに行って、自分のそれをもっとスムーズに親密な恋愛のやり方でおこなっているスウェーデン人たちを知って、自分の恋愛の仕方及びその後のセックスへの進み方はまちがっていなかったとおもったものだった.







スウェーデン人たちは、






自然な、ヒト対ヒト、そして、男対女として、


親しくなって、





そして、相手に、自然なニンゲンとしての思いやりとか気遣いとかをたっぷりと注いで、




そうして、




いつのまにか、二人でいることが多くなって、




そうして、




いつのまにか、相手の部屋に行くようになり、(スウェーデン人では、独身でも異性の家に泊まることは友人でも普通である.)





そうして、




いつのまにか、




決まったパートナーになっているものなのである.





「告白」 という儀式を、私の友人たちはしていなかった.







まあ、私が知るスウェーデン人は、昨今日本にいる色黒縮れ毛の「スウェーデン人女性芸能人」とは似ても似つかぬ、金髪碧眼白皙で、落ち着いて理知的な北欧第一の大学の学生たちだったから、スウェーデン人の例としては偏りがあるのだろうが.





いずれにせよ、





私は、そんな私の友人たち恋人たちを、いまも祝福したい気持ちにかわりはない.






20130807-204533.jpg




この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<今朝の新鮮 | メイン | スウェーデン時代に私がわかったこと>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/01 23:39  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/795-117ff5ef
| メイン |