FC2ブログ
最初のスウェーデン人女性
- 2015/03/24(Tue) -
人はそれぞれ奇妙なもので、




私は、スウェーデン留学が最初の飛行機で、最初の海外一人旅だったが、




乗り継ぎのコペンハーゲンでも、食堂はマクドナルドの店内のようだったし、




外国に来たという実感はあまりなかった。




無論、そのころは、スウェーデン語は知らなかったので、英語だったが、それは、





日本にいたころにつきあったアメリカ娘のおかげで支障なかった。





スウェーデンに着き、ウプサラに到着して、周囲から英単語がなくなったところで、





外国に来たのだ、とまずうっすら感じた。





学生寮に入って、男女混合のコリドーで、隣の部屋の住人が、






ニーナ=ヨハネスソン


といった。







「ニーナ」 といえば、いまの人は知らんだろうが、手塚治虫の 『ビッグX』 というマンガで主人公(彼の名前は忘れた)の相棒というか友人というか恋人の女の子の名前だ。


そして、沢田研二の 「追憶」 という歌に出る女性の名だ。


そして、いよいよ、ヨーロッパで、実物の 「ニーナ」 に会った。


心根も外見もとてもクールなニーナは、コリドーの月のような娘だった。彼女の専攻は化学で、学部の紫色のTシャツがかえって幼く見えるほど成熟していた。


私は、そこで、いよいよ、異文化のただ中に来たのだ、と実感したのであった。



n


(2013.8.8.記)


この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<buddha | メイン | 高校生に>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/763-af94ea8a
| メイン |