2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スウェーデン時代の私の写真二葉
- 2014/02/11(Tue) -
機械の使用に偏りのある私は、最近やっとスキャンすることを覚えた.



猫たちがドアを駆け上がるので、写真を避難させたついでにスキャンしてアップする.



上は、学生寮の裏の林での私. よく、飼い猫の Huga と散歩した.



下は、奥が私の愛車、スウェーデン軍払下げの軍用自転車.頑丈.足ブレーキ.500~700kr.
私は4年間で2台使いつぶし、3台目は、帰国時に郵便局に航空便の荷物を何度もクルマで往復して運んでくれたドイツ娘が欲しいというので謝礼に渡した.向こうの建物が寮.見えるドアはゴミ置き場.燃える家庭ごみ用、その他用.小さい窓の向こうはランドリー室.


Djinn Yima


min cykel

この記事のURL | 我が基層 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<スウェーデン人の異性とのつきあい ── あるコメントの男性へ | メイン | 抱き合わないことから>>
コメント
Re: 質問があります -
> 楽しくブログを拝見させて頂いております。スウェーデンに興味があり、将来的にいつか学校で勉強したいと考えているのですが、貴方はどのように大学に応募し入学されたんですか?ご教授頂ければ幸いです。
> 前川 顕作
私が早稲田大学の大学院生だった時、早稲田とスウェーデンのウプサラ大とルンド大が交換派遣研究者留学生契約を結んで、募集があったのです。特に、北欧最古のウプサラ大学は、早稲田全学部から相当の数の応募がありました。しかし、選考は早稲田ではなく、ウプサラ大に権限があり、各自の英語論文をウプサラ大学が審査して、幸い、私1名が選抜されたわけです。早稲田学内での面接はそのあとで、実質、単なる形式だけのものでした。実力主義のヨーロッパ流の選考がなされなければ、学内派閥で私は選ばれなかったに違いありません。
費用は自費でしたので、東大近くの(名称は忘れましたが)事務所の文科省の機関から、月額8万円ほどの奨学金を1年間もらいました。あとは、完全に自費です。冬休みに東京に帰国してアルバイトしたり。(冬は飛行機代が安いので。)  とりあえず。
2014/02/24 19:02  | URL |  odjinn #-[ 編集] |  ▲ top

質問があります -
楽しくブログを拝見させて頂いております。スウェーデンに興味があり、将来的にいつか学校で勉強したいと考えているのですが、貴方はどのように大学に応募し入学されたんですか?ご教授頂ければ幸いです。
前川 顕作
2014/02/24 00:44  | URL | Kensaku #puvPMy5E[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/703-684ccdf9
| メイン |