2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本質は目前の現象に非ず
- 2013/01/04(Fri) -
夕方クルマを走らせていたら、

ラジオで、


「日本では、


結婚できない若者が増えているので、


景気活動が鈍く


社会制度にも破綻をきたしているのです」


と言われていた.(これは発言者の言葉の忠実な記述である.「できない」 と限定している.)






私なども、その一人ということになるのだろうか.

よい恋愛はいくつもしたし、居酒屋にはだいぶ散財したがなぁ.






スウェーデンでは、私の先生でも、女性で中高年でも、結婚していない人が圧倒的だった.



そんな女性独身者でも、



家に招いて食事したり泊まっていったりする男性友だちが複数いるのがスウェーデン人なのである.



私は、ある中年独身女性の家でスパゲティをつくって差し上げたこともあるし、



別の女性の先生のところに泊まったときは、彼女は私のベッドにすわって紅茶を一緒に飲んだ.



私がスウェーデンを出るときにも、8月末に寮を退去したために



9.11の飛行機まで私を泊めてくれた女学生がいた.別に私の恋人ではないにもかかわらず.

(私の帰国はあの同時多発テロと同日同時刻だった.急にキャンセルが出た、といわれて私は帰国できた.もしかしたら、日本に突っ込むはずの北欧からのテロリストが急に怖気づいたのかもしれない.まぁ、このことはいつか別の記事で書く.)



日本で独身女性がそんなふうに男を泊めたりしたら顰蹙ものだろうし、男も道義心を疑われる.



実際、私の周囲の日本人はそんな習慣になれた私を不徳義漢のように喧伝した.



さわやかなスウェーデン人女性たちの、そんな美点を、日本人は知りはしないのである.



その点だけでも、人生の大いなる損失というものだ.




いずれにせよ、


クルマの中で聴いた日本人評論家氏の弁は、


スウェーデンにはあてはまらない.



独身者がかくも多いスウェーデンで、立派な社会制度が日本より遥かに的確に機能しているのだから.




世界を知らないともうなにも考えられないことを




そろそろ日本人の知識人も知るべきなのだが.




k




この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<年長者 | メイン | 食生活の幸福>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/654-2fc9e7d8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。