2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
食生活の幸福
- 2013/01/02(Wed) -
私は一度も結婚しなかったので、
半世紀以上の人生の特に後半35年くらいは、自分で自分が食べたい食事をしてきた.

K29の同窓には、早々に結婚したものもいるだろう.私も、子どものいる女性と同棲したときは、

私の帰りを待って一緒に風呂に入りたがった子とともに愛する女性の手料理を毎晩食べる幸福にあずかった.

あれが、家庭の幸福だろうとはいまもおもう.



きょう、南の離島のご老人が私に、独りもんでちゃんとした正月料理を食べていなかろう、

と、沖縄の手作りの正月料理をもってきてくださった.

沖縄に住んで5年.初めて、ちゃんとした食事をしたような夜だった.





スウェーデンにいたときはむろん独り部屋住まいだったから、食事も共同キッチンでつくった.


たぶん、夜も、ミートボール入りのスパゲティ大盛り、ぐらいだったとおもう.

さもなければ、チキンの丸焼き(両脚と胴体のあるもの)にバーボンウィスキー、とかだった.



その後いた日本の仙台では、
私が行けばだまってその日の手料理を3皿とキープの日本酒をどんとおいてくれる
居酒屋の女将の世話になっていた.



そんな食生活のせいか、私は40代半ばで心筋梗塞をやった.

スウェーデンでは、そんな食生活のうえに、イタリア人の親友(どこかの記事にある)から教わった

エスプレッソを自分でいれて、それを保温ポット1本つくって大学で勉強していたのだから、

心臓が壊れて当たり前というものだ.




私の生活などは、

無軌道な男の典型の、破滅道だったかもしれない

などといまになって気づいてももうおそい.



でも、

また、もう一度生きても、


私は、同じような人生を送るだろう.



私は、


それはそれで、


納得のゆく努力をしてきたし、


幸福でもあったからだ.





スウェーデンでは、そろそろコリドーに仲間が戻ってくる.新学期が厳しい天候の中で始まる.

あとは、6月の試験まで、

ひたすら勉強するだけの長い期間になる. (ウプサラ大学の場合である.)




若い人も、


私より年輩者も、


K29の同窓たちも、




みなに、努力向上と幸福の新年であるよう願う.




s





この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<本質は目前の現象に非ず | メイン | いつも年越しは猫と>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/653-1ad6cf94
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。