スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
地球も
- 2014/03/19(Wed) -
夕方クルマを走らせていたら、


NHKラジオで、世界の各地にいる日本人からその外国で感じた新奇な違和感をおもしろく報道していた


曰く


「日本語の本をバスでみているとのぞきこまれます」


「和紙の紐が流行です」

等の

日常生活のおかしさの通信であり、それをスタジオのアナウンサーが感心したり驚いたりしていた.




世界は多様で、それは、外国に限らず、東京と北海道、沖縄と福岡とでさえ違うだろう.




世界の首脳が世界規模の問題を議論して妥協点を模索しているというのに、



私たちは、相手の、メンタリティや生活基盤などをまるで知らないのである.



交渉相手の心に響く言葉が言えなくて、何が、外交、何が、交渉なのだろう.





私たちは、地球そのものをさえ滅ぼしてしまいそうなモノをすでに多くの民が所有し、



持続可能な開発ということでなんとか地球の延命措置を模索しているというのに、





かたや、



私たちの相互理解は、まだまだ、犬を知るブリーダーが犬を知るぐらいにしか人間の異文化を理解してはいないのだ.




いや、たぶん、それは、このあと未来もかわらないだろう.




日本でも、アフリカや中央アジアや、北ヨーロッパなどの国々への理解はおそらくずっと醸成されず、



未知はある意味で好奇の対象で快感のネタとして放置されたままになるだろう.



それでいて、それらの国々との交渉は官民いたるところで行われ、



表面的な、それゆえ、相手と自分の相互理解を目指すのではなく、



利害や得失の妥協点を探るだけの、猫でもしないような交渉が行われて終わりになるだろう.







地球のいのちなんかもうどうにもならない.




だれか、



無知なニンゲンを覚醒させるような作業をしてくれないか.









いや、



それは、はるかむかし、



既に、行われて、その結果がいまなのだったな.





PA0_0446.jpg

121202
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<やさしくない国  気のきかない社会 | メイン | あくしでんたる>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/646-0a4e9b1f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。