2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
これこそ 「ルール」 などなきものかと
- 2013/08/22(Thu) -
スウェーデン人はどのように恋愛を始めるのか、
ということを聞かれます.



私は、半世紀以上生きたくせに結婚歴はないし、それにもかかわらず、恋愛は、たぶん
自分でもわからない数はしたかもしれません.


ということは、私は、「恋愛の初段階」 についてだけは、書いてもよいかもしれない、かな?



* * *


といったって、恋愛の始まりなど、スウェーデン人に限らず、たぶん、イギリスでも
アメリカでも、フランスでも、ロシアでも、イタリアでもみんな同じだとおもいます.


スウェーデン人だけが、何か、スーパヒューマンな恋愛日常を送っているかとおもう幻想は、もう、
そろそろ日本人のみなさん、卒業してください.




k





互いに好感をもっているかは、

わかるでしょう.



あとは、それを、醸成させればよいだけです.



学校で、英語や国語が得意な子は才能があります.


会話やつきあいの 「文脈」 から、


あるべき先を読む力があるということですからね.



恋愛こそ、


もしかしたsら、


仕事やスポーツや金儲けとかと違って、


ただ、タイミングと空気読みのみで勝負できる事柄かもしれませんね.




* * *



言葉のほとんど通じないものの親切で思いやりある外国人と
言葉の通じる同国人でも人を無視したり陥れる隙を狙う者と

どちらがつきあいやすいか、カンタンに想像がつくでしょう
あなたのその想像は、正解です.





世界も外国人も、


遠いようで、
近いものです.


同じ地上にいる同じヒト科の生物ですからね.

g


120816
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<死の態様と心意気 | メイン | 地域期間限定>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/627-835975c5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。