2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
欠乏におもう ── K29同窓生に
- 2012/04/03(Tue) -
私は、他の中年男がもっているもので自分がもっていないもの実に多いが、
テレビもまたそのひとつだ.

私の住まいにテレビがあったのは、
大学生になってから下宿した先のおばあさんが亡くなったときに形見分けにもらった時と、
スウェーデンで親しかった中国人娘が死んだときに遺族から形見分けにもらった時と(!)
(どちらも私が所望したわけでなく、遺族が貧乏学生を哀れんだからだろう)
同棲したときに恋人がもってきた時
だけで、35年間で、トータルしても1年ぐらいだろう.

では、まったくテレビと隔絶していたかというとそうでもない.

スウェーデン時代は、外国放送に出るスウェーデン語の字幕をノートに書き取るために共同リビングでよく観たし、

日本のドラマも、そのサイトで一気にインターネットで観たりする.



それでも、日本のたいていのテレビ番組からは隔絶されていた私なのだが、

先日、もっている携帯電話が古すぎるということで、無理やりスマートフォンというものを買わされた.

そこで、「ワンセグ」 という名前があるところなんじゃろと押してみたら、沖縄の離島でも、
NHK2局と民放3局が映るではないか.


おりしも、きょうは、全国を寒波暴風雨がおおっているらしい.その一方で、プロ野球などもやっているのがわかる.

プロ野球、これが世間のオヤジが晩酌しながら観るものか、そのわけは、
この投球の間隔が箸の動きと、打者の一喜一憂が自分の気分とシンクロするからなんだろな、ということがわかったり、

暴風雨下の新宿に、ああこの通りは、学生時代につきあっていたアメリカ人の娘と口論しながら通ったな、
会社員時代にネクタイを春のきたならしい風に煽られながら歩いたな、などと想像力がふくらんだり、

単なる受動的に観ている存在以上のことがあるもんだ、などと・・・

・・・・・

それがどうだというのだ.

昔の自分と関係ある場所をテレビでみて、私は、昔を懐かしがるほどいまが退屈ではない.

自分が行けない外国、自分が会えない人の映像をテレビでみて、世界は広いなぁ、行きたいなぁ、などと座して思うほど


私はまだ閉塞した膠着存在ではない.




若いころの自分がいまの自分を見たら、

あんたみたいになるためにおれは外国人の中で戦っているんじゃない、と背中をどやしつけられるかもしれないが、



昔の自分がそう言うのなら格別、



いまの自分は、まだ、全力で前進する意思があるというものだ.



そうだろう、みんな.



f
(ウプサラ大学学生寮の夕暮れ)




この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<己を知る | メイン | 性 とは>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/581-137b8d55
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。