スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
おもしろいことひとつ
- 2012/03/22(Thu) -
    私の翻訳は、
    出版助成金を得ているから、
    ほしい図書館には差し上げる義務がある.

    無論、国会図書館や母校は自動的にあるいは自分で買っておいてくれているが、
    そうでないところもある.
    
    いまは、蔵書検索システムがコンピュータで完備しているところがほとんどだから、

    早い話、

    国立大学全部、県立図書館全国、政令指定都市立図書館とかは、検索して、
    ないところには希望を尋ねた.


    なかには、知り合いの子どもが通っているから、とかの理由で、

    中高校にも連絡したことがある.


    
    丁寧な礼状が学長・校長先生から来た大学・高等学校もあるし、
    学校新聞に載せてくれた中学校もある.
    (たいていは、ワープロ印刷の図書館名でのハガキだが.)


    一方、連絡しても、なんの返信もない県立図書館や、大学もある.




    うれしかったのは、十代に読んだことのある哲学者から、
    もはや高齢の本人がやっと、誠実に書いたであろう、よれた手書きの礼状が来たことだ.






    感謝する人(組織)と、
    

    なにを疑っているのか、未知のものとの接触を拒絶する人(組織)、



    自分の世界を狭くしている者が、


    まだまだ
    たくさん

    この国には在るのだ.




    遠いな、この国の未来に、世界は.





u
( Uppsla Domkirkan )


    
この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<一部K29同窓生へ | メイン | 青春 ── K29限定>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/575-701ca401
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。