目覚め
- 2011/09/17(Sat) -
小学六年の教室で
出された問題を思考して思考して解いて考える愉しさを知ってから
もう50半ばになろうとするが、その間

あっという間だったような気がする.

同じころ『坊ちゃん』で感想文書いて放送室で読まされたのも、ついさっきのことのようだ.





(私の心臓ではありえないが)あと80まで生きられるとしても、
これまでの半分だ.


あっという間、の半分だ.


きっと、手足も歯もあちこち痛くなってぼろ雑巾のようでまだ机に向かっているとしても

いま50のころを振り返って


ついその日の午前中のできごとだったように思いだすのだろう.




人生は瑣事というには余りに大量の瑣事で満ちている.
ともするとそれらに拘泥することで人生の最優先事項を見失いがちになる.



これまで同様、私は、恩師・先蹤者たちと同じように、机に向かって、かつ世を明らめながら灰になる.



この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<性教育 | メイン | 雨中独り>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/541-716a4eee
| メイン |