スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
正当な自尊
- 2017/01/22(Sun) -
(本記事は2006年7月12日に書かれた.)


経験主義に真理をみとめる私は、自分より高齢者は無条件に尊ぶが、一方で、その心持ちはまだ知ることができない。以下、それを承知でお読みいただきたい。

スウェーデンの老人たちは、ゆったりしていた。
私に手を握ってエスカレーターを降りてくれ、と言った老婦人や、郵便局で女子大生にカウンターまで手を引いてくれと頼んだ老人たちは、自分の肉体的衰えを恥じてはいなかった。それゆえ、ゆったりと若者・健常者に頼ることができたのだ。

日本の老人たちは、それができないだろう。
これを、日本の 「恥の文化」 と言う人もいるだろう。

では、反発を覚悟で、もっと言おう。日本の老人は、スウェーデンの老人に比べて、他人の援助は拒みながらも窮屈に生きている人々が多い。

胸張っている老人は、金を持っている者たちで、むしろ傍若無人で、はた迷惑だ。

この違いはどこからくるのか、それを、スウェーデンにいたころも、いま日本にいても私は考えているが、まだ、その由来がわからない。

スウェーデン人の老人のほうが、体力があるから? 年金・介護制度が確立しているから? 国を信頼しているから? それが、仏教や儒教をさほど知らないヨーロッパ人の気質だから? ・・・・・・・・・


人は年輪を重ねるものだから、高齢になればなるほど、肉体の力は衰えても、それまでの人生での行為や思考がそのまま立ち居振る舞いに出るのだろう、おそらく。

とすると、スウェーデンの老人の特徴を解くカギは、スウェーデン人一般の特徴の中に求められるだろう。 『スウェーデン人―我々は、いかに、また、なぜ』 では、スウェーデン人は、自ら身を処することよしとする点を特質にしている、と書かれている。また、自分の仕事に誇りをもち、他人の荷厄介になることを嫌う、とある。

そうだとすれば、「他人に依存することを恥とする」 日本人と根底においてはかわらない。 

それなのに、
あの 「ゆったりと他人に頼れる」 心持ちはなぜだろう。


s



この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<文化と風土と感情と | メイン | 食餌①>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/53-69ecba7b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。