2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
記憶 ─── あらゆる友へ
- 2011/01/12(Wed) -
私は、記憶、というものは連続しているものだと思っていた.

しかし、そうではなかった.



ある時期の記憶がずっと欠落していて、急に蘇る時があるようだ.
そんなことを、昨日、経験した.





私は、どんな土地に行っても、その土地の酒を飲むべき、と思っていた.

だから、スウェーデンにいたときはアクアビットを飲んだし、

仙台にいたときは日本酒を飲んだ.

当然、ここ沖縄では泡盛を飲んでいた.



しかし、この正月から、日本酒を熱燗で飲むようになった.

沖縄にしては寒いのと(気温15℃以下は寒いのだから、スウェーデンの零下20℃はなんだったのか!)

食事の嗜好が和風になったのが原因か.


そんな毎日毎晩を過ごしていたら、昨日の朝、あることを思い出した.



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★



私はスウェーデンに住んでいたころ、夏と冬の休暇の時は、日本に出稼ぎにきていた.

出版社で原稿を学生のころから書いていたので、机を与えるから来れば仕事をやる、という出版社があったのだ.


しかし、実家には、肉親親族とのいろいろな軋轢があり居場所はなかったので、

布団を敷く場所だけ貸してもらい、しかも、

朝も昼は無論、夜もいない、という条件で、

早朝、親も起きる前に真冬に冷たいシャワーを浴びてから出勤し(そのころはスウェーデンの冬が後ろ盾にあった)

社員が出勤して来る前から仕事を始め、


夜は11時まで働いて、終電で帰宅、親が寝ている時間にそっと布団1枚分のスペースにはいってしばし眠る、
という生活をして留学費用を稼いでいた.






そんなある年、


こともあろうに、地元の、横浜郊外の実家の駅近くの裏通りの居酒屋を私は知った.


当時、肩まで長髪で、どう見てもまともな勤め人に見なかった私が、深夜、その居酒屋に行くと、


これも当時の私には五月みどりに見えた女将と、あとは常連のオヤジやきたない娘がいるだけの店が私の席をあけてくれた.





あの、自分が子ども時代を過ごした土地で毎夜飲んでいた私と、

そんな私を大事にしてくれていた人々は・・・・・・


もはや、名前も、顔も覚えていない人々、でも、確かに私の居場所があったあのころあの場所




そんなことを、昨日、急に思い出した.



その後の私は、


日本の福岡の恋人と一緒になったり、


指導教授に論文を盗まれたり、


本が出たり、


沖縄でころがったり、


そんなことの連続で、


自分の愉悦の時代をすっかり忘れていたのか.




人生は、どうなろうとも、人がいれば、また、喜べる、たぶん、きっと.




m
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<1つでも変わる。もっと多ければ・・・ | メイン | 教師の仕事>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/514-d38cb935
| メイン |