2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スウェーデン人のセックス
- 2013/04/25(Thu) -
私はスウェーデン人ではない、ということの意味は、スウェーデン国籍がないというばかりでなく、
スウェーデンで生まれ育ったわけでもないし、また、スウェーデンに住んで何十年もたつ、というわけでもない、ということだ.


しかし、私は、スウェーデン人のセックスについて語ってもよいだろう.
私が自然におもい、そう行ってきたことが、日本ではいくぶん普通ではないことのように言われることを経験してきたからだ.それは、そう言った人々が偏狭無知蒙昧だったということなら一般の日本人諸氏には以下に書くことは至極当然のことになるであろうが、その判断はこれを読む人がすればよい.


私は現在で52歳になるが、結婚歴は一度もない.私のスウェーデンでの先生たちもいまの私とかつて同じだった.
それでいて、彼女たちでも、家に泊まりがけで酒を飲んで話す男友達は数名いた.
私も、親しい女性友達は数名いた.それは、「何股かける」 とかいうのとは違い、興味深い頭脳人格の持ち主で、昼間は落ち着いて話せないから夜来てもらうのだが、そういう人がたまたま異性のこともある、というだけのことだった.
異性⇒深夜⇒性行為、と連想するのはふつうの頭脳ではない.

恋人は、そんな異性の友人とは別に、つくったものだった.それは、セックスする相手であるとともに、人生を共に歩み同じ目線で世界を観てゆくパートナーとしてだ.

それに、スウェーデン人はセックスに対して緊張興奮しない観方をする.
食事の席につくのに緊張興奮する日本人がいるだろうか、セックスすることもまた同じでよかろうに.

そういえば、かつて私がスウェーデンから日本に一時帰国したころ、
日本ではセックスのことをあるアルファベット1文字で表し呼ぶ風習ができていた.私が知りあいの親しい女性などにふつうに 「セックス」 と言うのに、彼女たちはそれをきゃあきゃあ興奮したようにさわいでわざわざそのアルファベット1文字に言い換えていた.私は、その言い方に違和感が強く、かつて一度も使ったことがないが、日本では、逆にセックスを 「セックス」 と当たり前に呼ぶこともまたいかがわしい行為なようだ.


性という、どんなニンゲンにとっても生活の基本要素の1つである事象を、
ことさらに直接表現を回避するかのように別の言い方にしてみたり、
その行為にあるときは不必要なまでに厳格なくせに、その商品化には世界でもっとも熱心な国民となった日本人.

性に対してかように不自然でいびつで奇矯になってしまった国民は、男女のあり方にもまた問題をかかえざるをえないだろう.

自分が出会う同国民の半分に対して妥当な対応ができない者たちに、よき社会づくりができるのだろうか.


私の疑問がまちがっているのかどうかは、それは、世界に出て、他国民がどうかを実見した人にしかわかるまい.


b


120908

この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<また、sista april | メイン | スウェーデン人が教えてくれた映画>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/509-3a666c32
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。