2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
同棲者たち
- 2010/10/30(Sat) -
1.親もきょうだいも知らなかった
気づいたら、生きることに懸命になっていた
母親といるよその四人きょうだいの中にまじっておっぱいをもらった
その一家が食物をもらっている家にもまざってあがりこんだ
四人の同年輩のものと一緒になってねむった
保健所が仕掛けた捕獲器に入って血だらけになったが
食事をくれる一家に助けられた
女の子になり、おなかがおおきくなったが、そのままふつうにお産ができなくて命をおえた
sch


2.きょうだいでいつも先頭になって走った
ごはんも壁のぼりもいつも先頭だった
口にはいるものがおちていたのでそれもいさんで呑み込んだら、足が動かなくなった
鼻からが血が出てものが食べられなくなって
食事をくれる家族に抱かれていたので、最後はお母さんも匂いを忘れて寄ってきてくれないまま
他の種の生物に抱かれて命をおえた
k



3.きょうだいではいつも中盤を占めていた
筆頭の男子がすぐになくなったので、食事くれる家族に愛された
家の中で終日すごし、自分だけ母親と一緒の箱でいつも眠った
若者になる少し前、外で不良にからまれ、世間知らずの彼は大けがを負った
そのまま家に帰ることなく、新たな土地に旅立った
us



4.かれはいつもきょうだいのしんがりにいた
食事をもらうときもいちばん最後、注意深く、むさぼらず、おとなしく、なれずにいた
四人きょうだいの中で、妹以外の兄弟ふたりが死亡と旅立ちでいなくなった
妹は元気な子どもを四人うんだ
その妹を、兄弟を追った不良がおいかけまわす
彼は、いつしか不良をもしのぐ大きな男になっていた
注意深さと頭のよさで、不良とたたかう日をまっていた
そして、自分自身の家族をみつけるための旅立ちもちかづいた
かれは、きょうも、姪や甥にまず食事をさせつつ、
自分のテリトリーをまわっている
ma

この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<そういえば、アルコールのはなし | メイン | 異文化は いたるところに>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/489-7f05ddbc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。