スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
季節と気候と風土と人と
- 2011/08/08(Mon) -
スウェーデン、ウプサラのいまごろは、初雪が舞い始めているだろうか.
留学したのが8月夏で、初年はいまごろになってようやく私は古着屋でフードつきのコートを買って
中国人娘から自転車をもらって、
市内をあちこち探索して回っていたころだ.
授業も、カロリナの席もまだ本格的になじんでいず、
午後明るいうちに私は大学を出て、自転車をとばして市内を巡った.

いまいる沖縄の離島は、きょうも涼しい風は通るものの、気温は27℃あるので、
室内で食事をするとTシャツの胸に汗がにじむ.

夏は高緯度の明るすぎる日差しと天然の冷気とで、
東京の夏の苦しさを一気に解消できたが
ここ沖縄では、蒸し暑いサウナのような5・6月、オーブンの中にいるような炎熱の7・8月に、
行動もいろいろと制限されていた.

余裕のある人ならば、夏はスウェーデンのようなところに移り、冬は沖縄に住んだりするのだろうか.

なんだが、それもめんどうな気もするが、

沖縄の夏も、スウェーデンの冬も、

不便なところもあるがそれがその土地らしくて趣がある、ともいえる.

きっと、清少納言や兼好法師は、そんな情緒を綴ったのだろう.



世界はどこもおもしろい.

しかし、身体は1つしかないから、どこかひとつの場所にひたりきるしかできない.それでよかろう.


土地には、気候のほかに、地形もある.それは目を愉しませ、

人も違えば、それは心を愉しませ、言語が違えば頭脳も愉しませてくれる.



世界はこんなに豊饒で 光輝に満ち、

人を心身において迎えている.





ありがたい




よろこばしい


b
b
b
b
b
s


(2010.10.11.記)
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<話ができない | メイン | 人生の学習>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/485-39b458d8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。