スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
我が知とは
- 2010/07/24(Sat) -
私はテレビというものをいまももっていないが
インターネットで生活情報に関するそこでの動画を観たりすることはある.
たぶん、大学で言えば、医学部や心理学で勉強したような人々が、
ニンゲンの生理や心理について、科学的に統計的に述べていることを聴くと

「ああ、私には知らない知識がなんと多いことだろう」

と自分のこれまでの人生がいかに微少な知見に基づいてなされてきたかを思い知る.

無論、数々の過誤もまた、それらの知見不足に起因するのだ.


スウェーデンで飼っていた猫を帰国してから親戚に預けた.
いつかは一緒に住むつもりで、それまでお願いします、ということで頼んだ.

私が日本へ一時帰国していたころも、スウェーデンの先生宅であずかってもらっていた猫だから、
そのようなことを日本でも考えたわけである.

しかし、私が彼女を引き取れるようになったとき、すでに、日本の親戚は彼女が環境に慣れたことや

私が教えた散歩の習慣を自分が教えたと誇り、もう、猫を手放すつもりはない、と私に言ってきた.

・・・・・・このことから、私は、

「飼い動物はだれに預けてもよいわけではない」

という教訓を学んだ.しかし、こんなことはまた、私がネットで観るような、
医学や心理学のスペシャリストたちもまた気づかないことだろう.
彼ら彼女たちも人生でいろいろな思いもかけないことに出会っているはずである.

そうすると、ニンゲンは、いつになっても、過誤なく生きるということはできそうもないように思える.



私がもっている知識などは、専門の印欧古語に関するものを除けば、
スウェーデンで知ったスウェーデン人の常識知識くらいのものだ.

つまり、私は、ふつうのスウェーデン人がもっているような、生活やニンゲンに関する見方を身につけただけだ.
それが、私が他者に言える、「私の知見」 だけとなる.


だが、それは、「他者」 が、日本人だから言えるようなもので、
スウェーデン人の間では、私が知ったことは周囲みんなが知っているので、特筆すべきものではないことになる.

では、先の、私の猫を返さない私の親戚のような種類のニンゲンもいる、というような知見は、

たぶん、私は、過誤に過誤を重ねてきた人生だから、
その手の知見は余人よりはいささか多いかもしれない.

もっとも、それらは、周囲に話せない、誇れない、それを適用する機会がもう来てほしくない、
そんな性質の知見にすぎないのだが.


k


この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<学習のすすめ | メイン | 私の若者観>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/470-39556d10
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。