孟母三遷 猫母九遷
- 2010/06/28(Mon) -
タイトルの通り、ただ、それだけである.

孟子の母が仮にこの逸話のようであったとしても、あるいは、それが後代の想像であったにせよ、

現実の動物の親は、そんな人間的な数字を遥かに凌駕した数で、「孟母の本質」 を体現しているのだ.


なぜだかわからない、子どもたちへの危険を察知してか、


母は4匹を咥え、日々移動している.


私のところにも、数日間隔で母子5足が集合する.


感服するのみ.






an




この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<またひとつのありがたみ | メイン | まだわからない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/459-af122546
| メイン |