2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
営まれるべき恋愛 (あるいは、「ロミオとジュリエットのようでなく」)
- 2010/06/15(Tue) -
私のところに勉強をしにくる高校生の女子が、自分の両親がいまでもべたべたしていて目も当てられないことがある、
と私に苦笑して話していた. 結構なことなのに.

聞けば、ご両親は、高校生時代からのつきあいだとのこと.県立普通科高校が1校しかない島の中での恋愛である.


もしかしたら、高校時代からのつきあいだと、思い出も、自分たちの十代から共有して遡れるので、愛の基礎がしっかりするのかもしれない.恋人をつくるなら、十代のときの出会いの相手から、と息子娘に教育する親御さんもいるかもしれない.同窓と結婚したK29の友たちよ、私のこの推測は誤っていないだろうね.


――――――――


恋愛には、その主人公がニンゲンの感情というものであるため、過ちや誤解がつきものだ.

恋人の友人や親族と折り合いが悪いために終わる恋愛を経験した人はたくさんいて、それが、明らかな過ちや誤解に基づく終わりであることも、多くの、実に多くの人が経験してきているにちがいない.


生き物は、もともと、猫でさえ性質が違うのだから、まして、不完全な頭脳であれこれ算段するのが好きなニンゲンの好悪の感情は思考にも値しないほど不確かなもののはずである.
現実に、自分の感情にそぐわない他者を自分の視界から、―― 交遊の範囲から、職場から、親族関係から ―― 駆逐(文字通り!)しようとする人は実に人類の圧倒的多数派だろう.

折り合いが悪くても、もう許せないと思うような悪質な嘘や日陰の行動をとる相手でも、自分の脳から消そうと思えない私のようなニンゲンは、きっと、桁が1つ少ないほどの少数派のはずだ.私が他者から離れるのは、相手がどうしようもなく私を嫌悪している場合、もしくは、一切の私の言葉に耳ふさごうとする相手の場合に限る.(もっとも、そうした相手もまた実にたくさんいるのだが……それが、ニンゲン社会.)


親族や相手の友人から入る雑音、つまり、周囲の過ちや誤解によって醸成される過ちや誤解、によって終わる恋愛の命のあっけなさよ.


しかし、だからといって、人は恋愛を価値なきものとはみなせまい.


『ロミオとジュリエット』は悲劇なのか.ニンゲンの過ちや誤解がもはや滑稽にさえみえるものには、あれは悲喜劇の分類を超えて(シェイクスピアの作品はどれもそうだが)、世間日常にありふれた事例をもって、ニンゲン的なあまりにニンゲン的なことを描きつつ、それでいて人の心をうち、人生の価値をあらためて称揚しようとした作品だったろう.



愛する者がいる者は幸福だ.

人を憎むのは簡単で、 浅く、 軽い.

愛を営み続けることは知恵と力を要し、 深遠で、 重厚だ.


昔の同窓生同士が結婚したと聞くと、どうしても、高校時代の姿容貌の二人がよりそっているさまを想像してしまうが、


きっと、彼ら彼女らの心は、 そのとおりに、 いまも、 みずみずしいのにちがいない.



h


この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<まだわからない | メイン | たたかいていきる>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/455-efc43aab
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。