怒りはどこから ―― それでも人は怒りを発す
- 2010/02/05(Fri) -
よい人、とされている人でも、いや、そういう人だからこそ、

こんなに自分は周囲を見て、人のためになる行動をとっているのに、

そして、あそこまで自分は尽くしてやったのに、

という自慢充足感が強くあるとき、

それでも、その自分の思うとおりに事態がいかないとき、

その原因がだれかの、その人にとっては自然な行動であっても、その他人の言動が自分の思惑通りでないとき、

瞬発的に途方もない怒りを発する種類の人がいる.



半世紀生きてきて、いろいろな社会を見てきて、

初対面で愛想よく、各方面に気を配っているような 「よい人」 と出会ったときは、


私は、こういう理由で、距離をとって接するようになった.



所詮は、理性の歯止めがコントロールできない 中途半端に智慧ある生物.



003


この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<恋心はどこから ―― スウェーデン人流に | メイン | 義務教育期間の英語教育について 《夢中問答》>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/421-11d14164
| メイン |