スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
私は怒っているのか
- 2010/02/02(Tue) -
私の記事を読んでくださる人で、愉しいほうの記事をもっと書いてほしい、というお言葉をいただく.

たぶん、私が、大学や企業を批判する文章がお心にさわるのであろう.無論、私も、時とすると、そんなものを書いた自分が正常か、と疑うこともある.


しかし、それでもやはり書くのはどうしてか、冷静に考えて考えた.




私は、本当に、自著 『スウェーデン人』 で書いたように、日本の真の 「開国」 はまだなされていない、とおもっているのだ.



私が知り合った、日本のそれなりに地位ある者たちに共通なのは、外国人とまともに、つまり、頭脳と、身体と、精神で、
伍して接することができる、いや、したいとおもう者がほとんどいない、ということから、

私は、日本が本当に世界の、いや、指導的なのはヨーロッパの国々だから、それらの民と同列に話し、行動することができるようにならなければ、

日本の真の 「開国」 はなされていない、と確信しているのだ.


だから、私は、そのことを再三書くわけである.


そして、たとえば、幕末の坂本や高野、あるいは草莽の志士たちのように、
そして、いつの時代もいる、その時代を変えようとする若者たちのように、

私は、だれもともに語らい、次代の夢を描く仲間はいないにせよ、

独りでも、こんなことじゃだめだろう、日本人よ! と言い続けるわけである.


読者には読み苦しいであることは申し訣ないが、

こう叫ぶことが、私らしいことであるし、
つまり、そう本当に言える数少ない日本人の一人であるし、そして、

そうしながら、そのための行動をとることが私の生きる証なのである.



どうか、容赦願いたい.


この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<義務教育期間の英語教育について 《夢中問答》 | メイン | あらゆる過去に感謝する>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/419-df3dab62
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。