あらゆる過去に感謝する
- 2010/01/20(Wed) -
人によっては、自分の過去を封印したい人もいるだろう.
あるいは、自分の過去を反芻に反芻を重ねて微笑んでいる人もいるだろう.

私は、過去は今とつながらない人生を送っているゆえ、過去は反芻しないし、
過去があっての今の自分だと堅く信じているので、過去を否定も隠しもしない.


☆ ★ ☆ ★ ☆



無論、私の過去にもいろいろなことがあった.


しかし、いまの私は、


いまの生活の中で、


過去の出来事全てに、過去の人々全てに感謝の気持ちでいるのだ.




私の子どもを産みたがらなかった過去の恋人よ
きみのことは私は、誰を抱こうとも、生涯忘れることはない.
人の心の深さと尊さを教えてくれたきみを、そして、ありがたいとおもう.




離婚して子どもを連れてまで私のところに来てくれたきみ、過去の恋人よ
私は、きみを通じて、強く生きる、明るく生きることを教わった.
私はきみになにができたかしらないが、私はきみとの生活から家庭の真の幸福を学んだ.
きみへの感謝は私の最大のものだ.




私の博士論文をちょろまかして自分の学会発表に使った東北大学の教授さん、また、
私の論文に理解できない言語があるからとそれをどこかの国の研究者の著作の 「剽窃」 と切り捨てた旧早稲田大學ドイツ文学科の教授たちよ
私は、あなたたちのおかげで、早々に大學教員でいるための器の大きさを知り、進路を変更することができた.
おかげで、まだ元気なうちに次の人生を歩むことができている.
軽々と卑劣なことをして自分の馬脚を露わにしてくれてありがとう.感謝しています.




スウェーデンで出会った恩師・親友たちには、
日本ではわからない人生の道、生き方の志、人を愛することの意味、などなど
実に多くのことを教わりました.
私のいまの背骨になっているのは、あなたたちから教わった知恵の数々にほかなりません.



私の小学校・中学校・高校の先生たち、
私はあなたたちのおかげで、勉強の楽しさを一度も失わずに大學の研究生活に入れました.
私の人生は勉強の人生でしたが、その軌道に私を乗せてくれたあなたがたには、
いくら頭を垂れても過ぎません.



結婚歴のない私が仙台と東京でともに暮らしたことのある2人の子ども、少年Aと、少女M

きみらは、もう、1人が高校、もう1人が中学を出る年齢になっただろう.

きみらは私をどう記憶しているか.無論、周囲の大人たちが私についていろいろ語るだろうが、
私はきみらを自分の子どもとして、いや、自分の命以上に大事に心から愛して一緒にいたよ.
このままきみらと会わずに私が逝って、
きみらも私のことを語ることなく人生を進め行くとしても
私にとっては、きみらとの暮らしは人生の最高の宝だった.
きみらから、「親」 であることの苦しみと尊さとともに、生まれて最大の喜びを知った.
ありがとう、ありがとう.

きみらの存在に、感謝して生きゆく.

m




この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<私は怒っているのか | メイン | 無限次元>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/416-3edbd9e0
| メイン |