2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
外へ出よ
- 2009/09/14(Mon) -
先日、病院の待合室で隣に座ったおばあさんと話した.初対面である.
私が東京から来たと言うと、「なんでこんなところに」 と呆れられた.
おばあさんは、スウェーデンという国も知らなかったが、私が世界・日本をあちこち移動してここに来たことには納得してくれた.
そして、自分は、若いころから島を出たい出たいとおもっていたが、できずにとうとう老いてしまった、とまだ悔しそうに私に話してくれた.


☆ ★ ☆ ★ ☆



EXILE という歌謡グループがいるらしい.実は私は一度も彼ら(でいいのか)の歌を聴いたことはないのだが、高校生にそのグループ名の意味は話す.「外へ」 と 「行く、歩む」 の合成語だが、私のところにくる高校生は、私が英語の語源を言うとたいていはラテン語がらみなので、「またラテン語だぁ」 と言う.「行く」 は、ホントはもっと古い時代に遡るのだが.



たぶん、英和辞書には 「国外追放(する)」 という意味が挙がっているかもしれない.最近は、英和辞書さえひかなくなってしまったが、たぶん、辞書の限界ではそのような意味になるだろう.

しかし、exile の本質は、それが実際に行われていたであろう北欧の文学伝承によれば、受動的な 「追放」 ではなく、故郷をなんらかの理由で出なければならなくなった者が外の世界に (故郷への悔恨と相半ばするほど) 大きな野心で雄飛する姿なのだ.

そして、故郷を追われた理由もまた、なんらかの罪を犯した社会的弱者ゆえ、というよりも、むしろ凡人ならぬ特異な性質・能力を有する衆愚中の異人であったゆえに自ら故郷を去る、という側面もあるものなのだ.

その意味からすれば、先のグループは、日本の芸能界に見切りをつけて世界に雄飛する、という野心を込めて命名したのか、さて……


☆ ★ ☆ ★ ☆



一般の日本人にとっての外の世界への門戸は、きっと太平洋を越えた国アメリカなのは、いまも大方の人の意識では、そうだろう.

スウェーデン人にとって外の世界とは、海を越えたイギリスか、中央ヨーロッパへの南下だった.

隣国フィンランドにとって外の世界への門戸はスウェーデンなのだ.フィンランド人はスウェーデン語がわかるが、スウェーデンでは、フィンランド語は日本語と同様、異質の言語のひとつだ.

バイキングの時代から、いいや、古くは、インド・ヨーロッパ語族という、インドから中央アジアからイランからペルシャ、さらにギリシャから中央ヨーロッパからイギリスの島々まで、同じ言語族の民族が拡散していったのは、みんな外の世界を求めて人々が移動したからだ.

異なる文化へと人が動くのは、だから、自然な欲求だとおもうのだ.

若い者たちよ、外へ行け.


s


(本年7.19.記・改)


この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<悲しい若者たち | メイン | いずれにせよ>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/377-6479bcc1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。