知識として知る
- 2009/09/03(Thu) -
「環境にやさしい」 という言葉がある.
「人にやさしい」 という言葉も、人も環境の一部であるとおもえば、だいたい同じ意味なのだろうが、後者には別の意味もあろう.人が人にやさしく、という意味だ.日本人は親切な国民、と世界では思われている.
それは、外国人にあまいから.それは外国人も知っている.

そんな日本人も、日本人相手には、このごろ 「やさしくない」 人が増えてきているらしい.

だが、それを言えば、やさしくないのは、なにも日本人だけではない、とも言える.

たとえば、高福祉の国、ロハスライフの国スウェーデンでも、利己主義な人、陰険な人、高慢な人は当然いる.

しかし、



まだ、あの国のほうがましなのは、「知識」 として、人間が平和安穏に暮らせるための知恵が社会によって教えられているからである.


セクハラやパワハラの危険現象がしっかり周囲に監視され、日本でのそれより格段に安全さが確保されてもいる.


まぁ、人間である以上、人間的愚かさはどこの国民もかわりはないのだ.


ただ、「知識」 で 「これはしてはならない」 ということが教えられているぶんだけ、ここ日本より優れているのがスウェーデンだということだ.


世界には、そんな土地はまだまだたくさんあることだろう.


賢い日本人たちよ、うちにこもって蝸牛角上の争いに身をやつすより、世界の諸国人から学んでくるがよい.

k


(09.7.15.記)


この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<偏りを離れ | メイン | 日差しと風>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/362-b4b396f1
| メイン |