スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
またひとつのありがたみ
- 2010/07/01(Thu) -
(本記事は2009年6月30日に書かれた)


昨日クルマで私のところに勉強にきた高卒生が駐車禁止の紙を貼られた。

(この土地ではクルマは贅沢品ではなく必需品です。この暑さゆえ。
また、浪人生はたいてい運転免許をもっています。念のため。)

それで、朝から、警察署と市役所の都市計画室に電話をして事情を尋ねてみた。

というのも、そこは駐車禁止区域外だったから。

無論、路上駐車は駐車禁止標識の有無にかかわらずよくないのはわかっている。


市役所の職員は、丁寧にその道の位置づけを話してくれた。



最初は本人でも家族でもない私が連絡してきたことでいぶかしんでいた警察も
最後は明るい声で違反ではなかった、と本人に伝えてほしいと私に電話をくれた。



私も、自分で不思議なほど穏やかに彼らと話しができた。
というのも、昔の私だったら、勉強にきている子に理解をしろ、と怒鳴っていたかもしれないから
自分の変化を自分で見て、それがいちばん驚いた。
たぶん、この2年くらいの間に東京と八重山の 「職場」 でくだらないニンゲンを凝縮して見てきたからだろう。
その意味では、ニンゲン的愚に出会うこともまたありがたい。



そして、ぼちぼち、いま期末試験真っ最中の高校生と中学生がやってきた。

それにまじって、のんきな顔で小学生が漢字を書いている。



もしかしたら、私をいちばん成長させてくれているのは、彼ら島の子どもたちかもしれない。



m
(筆者2007年夏撮影)


この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「人への優しさ ☞ デザインする頭脳」 の一例 | メイン | 孟母三遷 猫母九遷>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/272-b68e25a9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。