スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
教えられない
- 2016/09/20(Tue) -
「アタマがよい」 ということはどういうことなのか、と
私のところに勉強にくる子どもたち、特に、高校生をみていてよくおもう.


私がこういうとき、単に、試験の点数が高い、ということばかりでなく、
よりよく生きている、ということも含む.
(無論、なにを 「よりよい」 とおもうかについて私とは意見の違う人もあろうが、それは別の話.)



生まれつきの記憶力とか、これまで机に向かってきた時間とか、人の言葉に耳傾けてきた度合いとか、
狭い島の若者でも頭能力に違いをもたらした要因は数々あることだろう.
しかし、もっと肝心なことがありそうにもおもえる.




昔、ソクラテスが議論していたテーマの1つに、
「よりよく生きるため、人生で成功するための知恵は、だれでも最愛の者、たとえば子どもに伝えたいとおもうはずだが、成功者の子どもが必ずしも成功せず、賢者の子どもが必ずしも賢者でないのはどうしてか。それは、そのような知恵は教えることができないからではないのか。いや、いやしくも〈知恵〉と呼ばれる以上、人に伝えられなければならない」 といったようなものがあった.



だから、教師は、どんな子どもも同じように優れた頭脳の持ち主に育てることはできないのか、
と言ってしまっては、ここはしかたない.



私がおもうに、子どもの能力の違いをもたらすものの大きな要因の1つに、
「世界観」 というものがあるのではないか.
これは、世界観の 「広さ」 と 「方面・領域」 の違いの二元的なものなのだが.
(しかし、後者は、所詮は前者に吸収されてしまう.
また、日長畑を耕している離島の老婆も、どんな異邦人にも隔てなく接することができる、という点で、
その 「人間観」 が無限の広さをもつが故に、また、賢明なのだ.)



たとえば、教師がある助言をしたとしても、それに耳を貸すか何も反応しないか、は
その子どもがもっている、社会や世界に対する見方によって価値づけ方が違ってくるからだろう.

言えることは、世界や社会に対する見方が偏りなく、全方向に広い子の方が有能、ということだ.


しかし、世界観を変容・拡大させることは、試験で満点をとらせることよりも難しい.
それは、その子が育ってきた環境・受けてきた感化などにより、
数年しか接しない教師が破るには牢固にすぎる習性を相手にしなければならないからだ.


それでも、教育者は進まなければならないだろう.


なんといっても、子どもたちこそが、未来をよりよくつくる創造者なのだから.



WHITE20RHINOCEROS200130.jpg

110606
この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Love is in the air ─ 地球で最も恋愛に純粋なスウェーデン人の恋愛風景を示す映画 | メイン | 荒野で叫び謳う>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/261-2fc45634
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。