2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スウェーデン流と言っていいのか
- 2015/10/26(Mon) -
イリス・ヘルリッツの 『スウェーデン人』 によれば、
スウェーデン人流の個人主義の心情は 「そっとしておいてもらいたい」 という気持ちだとある。
確かにこれは、fridlysa という動詞によって表される
環境、生物、他者のモノ、などあらゆることに対するスウェーデン人的な態度でもある。



私がここ沖縄の離島に来たのは、
直接的にはある海洋生物の自称 「研究所」 の職員として自然環境相手に世界について考えようとしたからだが、
それでも、自分の気持ちの奥底は自分でもなんとなく不思議でいた。



以前所属していた会社の同僚は
「○○さんは 『北』 のニンゲンかと思っていたのに、そうじゃなかったんだ」
と言ったが、無論、私は、いつまでも自分が留学したことを自分の看板にして生きるような男ではない。
そんな私に、ここ沖縄の離島にいても、携帯電話やメールが以前の同僚からくる。


それらがもたらす 「困惑」 をある知り合いにこぼしたところ
「どうしてあなたをほうっておいてくれないのかしらね」 と言われた。


そう言われて、別に私は隠遁者ではないのに、といささか違和感を抱きもしたが、その知人の言葉は
もしかしたら、私の心情を最も的確に表しているかもしれないとも思うようになった。



先のニセ研究所を出た私は
ここ別の離島では、
生きるために身体を動かして汗流し働くことと、土地の元気な若者に私の伝えたいことを話す以外なにもしていない。
半隠居、というより、もう完全に死体になったような感覚である。
「…が欲しい」 とか 「…になりたい」 とか、「…をしてみたい」 とかの感情がまるでない。
いまだに大学・教育機関から私になにか求める通知がくるが、
そういえば、・・・あれらの封筒やメールは開封する前にどこにいっただろう・・・



そんな自分を自分でも 「こんなんでいいのか?」 とも多少は自戒していたが
先ほど開いた前掲書の一節を読んで
まあ、自分はこれでいいか、とおもってしまった。



こうしてまた、多数派の日本人の中での異人が一人できあがってゆくのである。


b



(本記事は2009年3月15日に書かれた.)
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ドッグヴィル | メイン | スウェーデン人の男女の友情>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/237-68a2d7e5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。