スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
節制と享受
- 2006/06/02(Fri) -
   「節制」という徳を、

   『ゴルギアス』でプラトンソクラテスに語らせている.

   それを、ニーチェは「豚の徳」と呼び

   持てるものは持つがよい、それが徳だ、と言ったようだ.

   私は、二十歳過ぎ、そう知っていたが、

   人間らしくあることとは

   おいしいものを食べて喜び、

   愛するものを所有することだと考えるようになった.

   そう私が正面から思うようになったのは、ラブレーの影響だろう.


   フランソワ・ラブレー, 渡辺 一夫
   ガルガンチュワとパンタグリュエル (第1之書~第5之書)
   (訳者は、東大仏文科卒の大江健三郎が『個人的体験』の中で〈義父〉として描いている人物のモデル)


   この、産声が「食べたーい食べたーい」だった主人公の物語は

   若い私に、釈尊よりも朗らかな人間肯定観を与えた.

    《グロテスクなほどに人間的でいる

   しかし、それは、子どもの普通の姿でもあるように思う.



   そして後年、社会の中で生きていくことにこそ

   太古の昔に釈尊が考えた困難があるのを私は知ることになる.

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ある節分 | メイン | 血はいらぬ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/20-faa21572
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。