2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「エイリアン」
- 2011/02/25(Fri) -
「もともと 『エイリアン』 という語は、自分たちの文化や文明とは異質なものをさすことばだ。だから、彼らからみれば、私たちが 『エイリアン』 だ」 (映画 『スターゲイト』 より)

私がいたスウェーデンのウプサラ市は、北欧一に古い大学があるところで、観光名所であるとともに、世界じゅうから留学生が来るところでもあるので、

そこの大学職員も、そこの住民も、自分たちと異質の行動様式をとる外国人を冷笑・軽侮するような愚かなことをしはしない。

見知らぬお年寄りさえ、私に 「この下りエスカレーターは高くて怖いので、手をにぎって一緒に下りてくれませんか」 と頼むほど、『エイリアン』 に対しても平和的で知的なもの言いをしていた。

m





東京にも外国人がいっぱいいるが、日本人の外国人への接し方には、多分に腰の引けた丁寧さ、というものが存在し、彼らに適切な日本的道義心さえ教えることができない場面が多々ある。



日本の南の離島のいくつかに住んだが、最近よくテレビで取り上げられる沖縄の離島の、生粋の一部の島民や、内地から移住してきた者たちのなかには、

マスコミに持ち上げられた結果の 「この島にいる者はこうでなければならない」 という偏狭で排他的な精神が蔓延している。「エイリアン」 でも、テレビカメラをもち、マスコミとつながる 「エイリアン」 にはもみ手で歓迎する一方で、そうでない 「エイリアン」 は、徹底的に排斥して攻撃する・・・・・・スウェーデン人の場合と比較せずとも、彼らが幼稚に見えるのは私だけではなかったようだった。傷つけられて 「もう二度とこの島には来ない」 と言っていた女性もいた。



幸い私がいまいる島の人々は、島ならではの伝統精神なのか、「エイリアン」 をも 「人間としての表れ方の一側面」 と見るだけの度量があるので、住んでいられる。

m



(本記事は2008年2月27日、
沖縄の中でも現在いる島に移住してのちに書かれた.)


この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<食欲 (スウェーデンのミートボール 改メ) | メイン | 日本の性教育の未来、日本の未来>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/193-7e760f6f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。