2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
風土による条件反射
- 2007/12/08(Sat) -
日本の豪雪地帯を舞台にした映画を観た.
色彩は、白と黒ばかりだった.
肌にひんやりする冷気を感じ、孤独感と行動の不便さの感覚とともに、
なぜか、頭脳を使いながら机に向かっていることの愉しさも思い出した.

昔、高校の時代に、倫理かなにかの先生が、哲学者・西田幾多郎か
和辻哲郎かの話をしたときに、「雪の深い土地では思慮深い人が生まれるのか」
と呟いていたことをおもいだしたりもした.


スウェーデン・ウプサラでの4年余りは、
私が人生で最も頭脳を駆使していた期間だった.
そこは、寒気と氷と雪と、窓辺にクリスマスの赤い装飾と、蝋燭の黄色い光、
色彩といえば、それが象徴する土地だった.


マーケットに行くにも、
スウェーデン軍払い下げの軍用自転車のタイヤが埋まる雪をけちらして
吹雪の中を突っ切って行ったものだった.
若者は、みんなそんな生活に慣れていて、
私もまた、性分に合っていたのか、すぐにそれを愉しくさえおもうようになった.
親友と、冬から毎朝新聞配達もした.
曇った極寒の朝も、配達のあとでは、すがすがしかった.
日本を出る前は、
「日本人の若者は、たいてい、あの暗く寒い冬でいやになるものなんだ」
と北欧の専門学者に冷笑されていたものだったが・・・^^ (「専門家」 はどこでもそうだ^^)


s



そこから一転して日本の南の端の離島に来てみた.
この夏は、極力冷房を使わないで生活しようとしたため、
頸を流れる汗であせもができたりしたが、机に向かっての生産は・・・あまりできなかった.


件の低劣なNPO団体から出て引っ越しをしたりしたから、
それで忙しかったというのもあるし、小型船舶やクルマやダイビングの練習をしていたこともある.
しかし、私にすれば、何年ぶりか、数十年ぶりかで、机に向かって何も生まない夏だった.


ほんとうに、寒い土地のほうが、人は頭脳が働くのか??


私に勉強を教えてほしいと来る、島で最優秀の高校生たちも、
センター試験模試では、全国平均にも満たない.
それでも、県内有数の名門校なので、医学部推薦枠に入っている.
彼らは、土地のせいで、試験ができないのか??
「土地」、それは、気候ばかりでなく、人々の意識、もまた含む概念だ.
学校の教師も、きちんと教えていないことは、授業でどんな説明を受けているか生徒に尋ねてすぐわかった.


そんな土地、南の離島にも、他の土地と同じく冬が来た.
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<威を借る | メイン | 賢さと愚かさ>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/187-bcaca7fa
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。