血はいらぬ
- 2006/06/02(Fri) -
      恋人や夫婦がそうであるように

      血のつながらない者同士が

      なによりも堅い絆をつくることもあるだろう


      たとえ血のつながらない子どもであっても

      実の親子に劣らぬ絆ができぬはずがない


かつてアキラがそれを私に教えてくれた。
一人を除いてすべての恋人は去ったわけだが、血や年齢や立場を超えて、信じる心をアキラが教えてくれた。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<節制と享受 | メイン | 格差社会>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/18-3527ac92
| メイン |