2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
感銘を受けた若者
- 2007/02/24(Sat) -
よく 「外国に行くと人生観がかわるよ」 などというセリフをしたり顔で言われると、その浅薄さに鼻白んだ気分になるが、私が感銘を受けた若者は、外国で出会った彼らたちの中に多い.

日本にくる外国人(の若者)は、日本人がどうしても外国人に腰が引ける、あるいは、よく言えば、「丁寧で親切」 なのを体験して、どうしても 「親切につけこむ」 傾向を増長させてしまいがちだ.

私が海外で会った若者たちは、私が外国人だから、日本人が外国人にするように、私に親切だったのかもしれない.

それらを割り引いても、私が思い出す若者は多い.

Marcus Wagil

スウェーデン軍の軍役を終えて、北欧一の名門大学に入ってきた彼は、他の学生を見下すこともなく、指導的立場に立つこともなく、しかし、常に、公平で友愛に満ち、新しい思考を周囲にもたらす行動発言をとっていた.彼のやや赤い頬とさやしい猛禽類のような眼差しと、短く刈り込んだ坊主頭を、いま、沖縄という土地の、地元、あるいは研究所の若者の行動を見るときも、いつも思い出さずにはいられない.

s

この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Tシャツ | メイン | 喪家の猫>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/145-e17cdb73
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。