死を悲しむなかれ
- 2006/12/04(Mon) -
     一緒にいる少女が誕生日に釣った鯉の稚魚が死んだ.

    死を悲しむことはない、と教えている. 生は長さではない、

    きみが死んだものを記憶してやればそれでよい、と.



    放課後、今度は学童でトカゲをつかまえてきた.



l

この記事のURL | 死 - 終焉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<分単位の時間厳守は当然の他者配慮 | メイン | 人生は単にして簡>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/112-7f57c844
| メイン |