食餌①
- 2017/01/18(Wed) -
きょう、約37年ぶりにカップヌードルというものを買った。

正調の、NISSINのあれである。(写真は後日掲)





昔、大学に入って全部自活すると親に宣言したあと、私は、朝飯抜き、昼飯は図書館の英字新聞を読みながら数十円のカップコーヒー、夕食は、銭湯の隣の食品店で残った油もの総菜を廉価でゆずってもらい、コロッケやピーマン肉詰めなどのころもをはいでむさぼる、という生活をしていて、サンスクリットやギリシャローマ・古代教会スラブ語などの読書を図書館の開館時間から閉館時間までしていた。私には、読書、だった。だから、空腹のストレスにも読書の愉しさで耐えられた。私の腹は、えぐれていたが。

そのころ、アルバイトをしていた店で、「きょうの朝ごはんは食べたの?」を美しい人妻にきかれて、うぶだった私は、胸張って、
たまたま、当時、売り出し中で、たぶん、百円以下だったNISSINのカップヌードルを食べた朝であったので、「はい! きょうは、
カップヌードルを食べてきました!」と喜色満面で答えたら、「なんて、かわいそうに」と言われたのを、思い出した。



その後、私も、酒を覚え、日本や世界の各地で美味なものを知り、そうして、また、
老年のゆえに食のことを考えざるをえない年齢にいよいよなった。



それなのに、今夜は、ウイスキーに数十年ぶりのカップヌードルに、昼間に行った、

島の重箱料理の講習でつくった三枚肉やこんにゃくや大根煮や昆布煮や豆腐揚げなどが肴である。


いや、これは、後者のせいで、超 豪勢、というべきだ、な。
この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<正当な自尊 | メイン | 時代に合わない合わせない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/1117-aff6229a
| メイン |