永遠
- 2016/06/12(Sun) -
ふるさとに帰って、



あれほど鮮烈な思い出の日々とともにあった風景がいまはもう跡形もないことを如実に知る.







だからこそなのだ、私たちが、永遠 を意識するのは.









すべての実相に常なるものは無い、ということがあきらかに意識されたとき、





無常である流れの中に打たれた棒杭のように、永遠が存在することができるようになるのである.


1325299379109.jpg
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<格差なきにはできぬものを | メイン | 会話重視? 噴飯もの>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/1090-c08aa4e2
| メイン |