SNS
- 2016/05/17(Tue) -
ニンゲンの思考の速度は神の疾駆のように速いということは、紀元前の太古世界の文学作品 『リグ・ヴェーダ』 に既に書かれている人知にして数少ない真理であるが、



ヒトの脳中を記録しようとすると、




同じく太古の人々がしたように、何より最速なニンゲン思考力についていけるものは暗唱口伝なのだが、




いまの時代で対面で口伝などをすることは、北斗の拳のようなよほどの師弟関係でなければできないことで




結局、我々お得意の機械の力を借りことになる.





思うに、タブレットなどのタッチパネルで1指使用で文字を書くのと、




コンピュータのキーボードに両手を定位置において10指で打文するのとでは、そのスピードにおいては




あたかも、危機に対するヒトとヒト以外の生物の感知能力ほどの開きがあるだろう.




タッチパネルでとつとつと文字を打つと、私は、頭脳が退化するような、硬化するような、脳中の目を閉じるような感覚に陥る.





それを周囲は、特に、SNSの発達した日本人は、ゾンビの群のように画面にうつむいて戸外でも1指操作を行っている.









こんなところなのだ、



アタマをよくする方向に進んでいないようにおもわれる日本人を危惧する理由は.



081218_0816~01
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<引きこもり | メイン | できること できないこと>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/1072-976ec807
| メイン |