2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
結婚できない男、でも
- 2016/05/07(Sat) -
私のように、一度も結婚しなかった還暦間際の男でも、



幼い子どもと暮らした経験は二回ある.どちらも、それらの子が小学生のころ、どちらもいまは大学生になっている.



無論、それらの子の母親たちと私とが関係があったからだが、



私にとっては、その母親たちとのことよりも、それぞれの子どもとのことのほうが鮮烈な人生記憶としていまも残る.たぶん、死ぬ間際まで.






それらの子どもによって、私は、親の感情とか、家庭生活の幸福とかを垣間知った.



無論、正式に結婚していれば、相手の家族や親族とのつきあいとかがあり、それが結婚生活の最大の重荷だ、とも言われることが私には無知なのはいまもかわらない.





しかし、なにはともあれ、



私がともに暮らした、血の繋がらない子どもたちは、私に、私の日本の大学生活以上の多くのことを教えた.






スウェーデンならば、結婚以外に同棲(sambo)にも社会的権利が賦与される.



私の求めた生活は、日本の法制によって支障があったというのか、



スウェーデンという国ならば、もっと発展することもあったのか、



いや、



彼女と彼のいまが幸福ならば、それですべてよいのだ.


19082006(014).jpg
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<幕間 | メイン | いまの日本の若者にとってヨーロッパとは>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/1062-54d8bc0d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。