2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
忌野清志郎とあの彼のこと
- 2016/05/02(Mon) -
きょうは忌野清志郎の命日らしい。


私がまだ若かったころの東京の花見で、カラオケに忌野清志郎の「雨上がりの夜空に」を歌った彼を私は忘れない。私もそれからは、やむを得ず歌わなければならない状況では、おもむろに立って「雨上がりの夜空に」を熱唱する。


彼は寡黙で、若くしてある部署のリーダーに据えられ、その部署の企画ははかばかしくない結果に終わり、彼の上司の老人たちは彼に全非難を向けさせた。彼はある夜、酔って線路を家とは無関係の方向に歩き、轢死した。上司の老人たちは、酔って線路を歩くなどバカなやつだ、とさらに非難を上乗せした。


    * * *


「雨上がりの夜空に」が私に与える景色は、たぶん熱唱する私に合わせて叫ぶ宴会場の人々のだれのイメージとも違う。

夜の暗い線路におりた雨露、その冷たさとはかなさに頬を寄せて呟くのは、きっと「いつものようにキメて、ぶっ飛ばそうぜ」だったことだろう・・・

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<趣味はそれぞれ | メイン | 南国の薫風>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://odjinn.blog69.fc2.com/tb.php/1053-61493dbf
| メイン |