FC2ブログ
きみのまわりにあるもの
- 2018/10/21(Sun) -
学校で、

ぶたれた

けがさせられた

ひどいことをいわれた


ということで ないても しかたありません.


きみのまわりにいるクラスメートも先生もお母さんお父さんも

みんな きみとは ちがった 考え方 をしています

ただ、きみを、だいじにおもっているから みんな きみがたのしいようにしてくれているのです

でも、考えていること、はちがいます.

だから、同級生に押された、といってきみがおこってないても、

同級生に押される くらい、風で草がゆれる くらいのことで、

ほんとうは、先生もお母さんも たいしたことないや、と おもっています.


世界は、自分の思うとおりにならないもの、と知りなさい.


それがわかったところから、どうしたらよいかを 社会で これから 勉強してゆくのです.

downloadfile-3-1.jpg
この記事のURL | 日本人小学生に | CM(0) | TB(0) | ▲ top
英語を勉強することとは
- 2018/10/21(Sun) -
英語は、

言葉の変化の歴史の中で、

いちばん、機能的、になった言語だから日本でも勉強している.

決して、政治的な意味ではない.

英語は、言語のグループでは地球最大派閥に属しているので、

英語をちゃんとできるようになると、そのあと、

ドイツ語もロシア語もフランス語もイタリア語もスペイン語も、

1年くらいで、

英語と同じように読んで書いて話せるようになります.

英語よりも、ドイツ語やフランス語のほうが、文法項目が多いのですが、

それでも、英語がクリアできれば、もっといろいろな言語が読み書き話せるようになります.

一生外国人とつきあわない、と決心しているなら英語もその他の外国語も勉強する必要はありません.

でも、そうでないなら、

英語を「とっかかり」にして

自分が活躍したい国の言語くらいはマスターしても、



たいした労力ではありませんよ.




downloadfile-8-1.jpg
この記事のURL | 日本人中学生に | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最近の音楽
- 2018/10/14(Sun) -
子どもたちが ♪カモンベイビーアメリカ~♬


と振付きで歌っている.たぶん私が変なのだが、


最初、戦後の、チョコレートをくれ、と米兵に群がっていたという時代の懐メロかとおもっていた.


いや、歌詞の内容からすると、黒船が浦賀に来た江戸時代の戯れ歌のリバイバルかと思えた.





しかし、どうやら、全国の学校の運動会で流行っている歌らしい.



政治家が不明なら、芸能・マスコミ関係者も、この国では阿呆になったらしい.


こんな歌を作った者の教育経歴も不思議だ.


いまさら、


ヨーロッパでは、


アメリカを礼賛し憧憬対象にする国などいないということを、日本はいつになったらわかるのだろう.


20年前に私がスウェーデンに行って、30年後には日本は西欧に追い付けるかな、とおもったが、全然.


この調子では、百年たっても、日本はアメリカの属国・精神的未開国から脱せはしないのだな.

3114424-Uppsala_Old_Town_Uppsala-1.jpg
この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
未来
- 2018/10/06(Sat) -
十月の連休の最初の日、




西暦2001年までヨーロッパでしたい勉強をしてきた私は




沖縄より南の離島でエアコンを2台駆動しながら



猫たち8頭に囲まれて



高校2年の時に観た『前略おふくろ様』をネットで観聴きつつ



自分でつくったヨーグルトを皿に盛りつけている.



そんな未来を、そのテレビ番組を観ていた高校時代には夢想だにしなかった.
大学に行けるかもわからないころ、
その後も、就職とか恋愛とかに夢中で、いまの自分を予想することもできなかった.
『椿説弓張月』を愛読していた私が、セントヘレナを子ども時代に地図で見たナポレオンのように、自分も沖縄に行くかもな、まさか、と想像したことはあったが、そうなったとは.

未来の想像は、所詮、人知の範囲なので、限りがあるが、
吾人の人生は人知を超えていた.これからもそうなるのだろう.

まぁ、その前に、身体が壊れるかもしれないが.

◎しみじみ歩む051106_1443~01



この記事のURL | いまも | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |