FC2ブログ
「三太郎」
- 2018/07/18(Wed) -
私の青春時代は、「三太郎」と言ったら、


『三太郎の日記』


だった.


しかし、いまのマスコミは、その価値ある名前を別のコマーシャリズムに使っているのを社会に疎くなった私はこのごろ知った.


日本の民度の低さが嘆かれて久しいが、よき伝統をなんとも思わないものらが、世界の文化遺産に落書きしたりする若年層を作り出しているのだ.


日本よ、どこまで堕ちる.


1743290_f520.jpg


この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
所詮同じ
- 2018/07/01(Sun) -
「動物、ペット(がなついている、信頼し合っている)と言ったって、どうせ『食べ物』(欲しさ)でしょ」

と言った人がいた.

そうだろう、だから、彼女ら彼らはわかりやすい.食べ物以外にも、

ドアを明けろとか、暑いとか、遊ぼう、などいずれも自分の欲求を満たすめに知るヒトになつくのだろう.



それが、どうしたのか、人間も同じではないか.

自分の職場を紹介してもらいたくて大学教員にこびへつらう大学院生を私はへどが出る思いでたくさん見てきた.

職場でも、恋人同士でも、みな同じだろう.


いや、見返りは求めない「好感」のゆえの人間関係もある、と件の人は言うだろうか.


しかし、その人を見ているだけで幸せ、という見返りをやはり人間も期待しているのだろう.



所詮、毛者たちの行動もヒトの行動も、その原理は同じなのである.

30042006(004).jpg
この記事のURL | 他種生物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |