芸術
- 2016/11/22(Tue) -
音楽は、いい、

目をつぶっていても、感動できる。





絵画は強烈だ。



一目で我々の心を射抜く。





それにくらべて、


文学は、


静かな宝石のようだ。




芥川龍之介がむかし言ったように、




芸術の軍配は、 


音楽

絵画、


が、


トップを占めるとしかいいようがない。



c
(ウプサラ大学中央図書館・通称:カロリナ)
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
他の生き物とともに生きる
- 2016/11/01(Tue) -
スウェーデンでは、動物と暮らしていた友人が多かった.

私の隣のニーナは、ハツカネズミを飼っていて、私の猫とよく遊ばせていた.

大型犬を散歩させている人々は、まずたいていリードなしだった.

私の猫は、そんな〈自由〉な犬とすれがっても、ほえられたことさえなかったし、犬を恐れてもいなかった.

犬の調教が、広い国であるにもかかわらず、しっかりしているのだ.

私の猫は、マーケットの前で、そんな犬に混じって私を待っていたものだった.

廊下のつきあたりのロッタは、1メートル以上のコモドオオトカゲを飼っていた.

(以上、ペット禁止の学生寮でのことである.そういいながら、外国人学生を管轄する部署の長のところには、私の名前のファイルに、私の飼い猫の写真<私が所員のだれかにメールで送った>がしっかり保管されていた.あたたかい.)


猫の競走相手のリスは無理としても、ビルの周りに徘徊しているハリネズミを、猫の友人に飼おうとしたら、獣医から 「スウェーデン人なら、そんなことしないぞ」 とつまらなそうに言われた.

いわば、保護動物で、そんなことはいけないことなのだが、その獣医の言い方も、スウェーデン人らしいといま思い出す.

生き物を大切にするのは、弱者と環境にやさしい彼らの国民性には当然のことなのだ.

13082006(018).jpg


(2006.8.22.記)


この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |