2015 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015 08
みんな知っていろうが
- 2015/07/31(Fri) -
うわ、やっべぇ、





とでも言うような時でも、






周囲から、






応援されると、






なんのこともなくなる。 痛くもなんともなくなる。






それが、





ヒト




なのだろう。








よい素質の種に生まれたものである。




私のような者でも、 





そんな応援をしてくれるものたちがいるおかげで、

がんばれているのである。



20130422-083650.jpg

20130615-124449.jpg
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バナナ
- 2015/07/27(Mon) -
バナナを愛食している人はわかるであろう.
あれは、3日ともたない.冷蔵庫にいれるべきではないものである以上、
室内に放置しておくと、すぐに皮も身もぐずぐずになる.


そのような食べ物であるため、日々数回にわけて食するには、
それを昼食前に買えるポイントを職場のそばに持たなければならない.

私が仙台で心臓を壊し、大学を去り予備校講師をしていたころは、
学校のすぐそばに中型総合デパートがあり、そこでバナナを昼前に買っていた.
バナナと、帆立寿司と、ミネラルウォータ、である.



どうしてそのような食事になったのかわからない.生徒は私がいつもそれなので揶揄もした.
心臓を気遣ったからではない.心臓はもうマラソンもできると医師から言われていた.
帆立は、たぶん、仙台という土地柄の海産物の豊かさのせいだろう.
バナナと水は・・・・・・




ウプサラ大学中央図書館、通称カロリナ、に机があったために、
午前から夕方までそこで勉強していた.
昼食は、ロッカーの前でむさぼるバナナかリンゴ、そして北欧のミネラルウォータだった.
親しいおしゃれな金髪の娘もそうだった.
勉強、それは、なんの違和感も精神的境界もなくのめり込める自然で広大な対象なのだ.



いま、バナナを食べながら、自分の心理はそんなところに起因しているのかもしれないと気づいた.

でもまあ、そんなことはどうでもいい.

スウェーデンでも、仙台でも、ここ沖縄の離島でも、
私はバナナを食べて水を飲んで、机に向かうのである.



m


(09.7.11.記)

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデン語を話せる日本人
- 2015/07/26(Sun) -
生活会話能力は、知能とは関係ないので、


スウェーデンに住んでスウェーデン人と結婚した日本人の人たちは、

日本のどんなスウェーデン語の先生よりもスウェーデン語が話せる.


私にも、そんなスウェーデン人と結婚した、医師、弁護士、商店主夫人、などの

日本語もわかる日本人の知り合いがウプサラにいた.



私がスウェーデン語から翻訳書を出したとき、出版社の社長は、

そんな、スウェーデン人と結婚してスウェーデンに住んでいるスウェーデン語が堪能な人は翻訳には不向きなのだ、

と言っていたのをそういえば思い出した.




私も、スウェーデンにいたときは、日本語を使うことは一切なかった.日本人の友人がいなかったし、

あるいは、他大学の日本人研究者や留学生は日本語を話せる私に接近しようとしたが、

私は、そこに距離をおいていたからだ.



日本人研究者だけでかたまっていた某国立大学出身者たちもいたが、

私は、もともとスウェーデンでやってゆくつもりだったから、

かたまる日本人の群れと接触しないようにしていたのだ.



だから、スウェーデン語が堪能な 「スウェーデン人と結婚した日本人」 にも近づかなかった.


スウェーデンについて知るなら、そんな日本人よりも、直に、スウェーデン人から習えばいい.




先日、ある出版社に、英語とスウェーデン語の比較教本みたいなものを書いてもよい、と電話したら、


日本では、スウェーデン語を教える教育機関は限られているから、そのような図書は出せない、とのことだった.



私も、


日本がそうなるにはまだ20年ほどかかるだろうが、先見の明を出版社に与えようとしたのだが、


担当者がいらない、というなら、日本人にまだ当分、無知、でいてもらおう.







そう、スウェーデン人の教師が、これを日本語に訳してほしい、といったスウェーデン語の有名な童話も、


日本の出版社に見せたら、「絵が気持ち悪い」 という担当女性編集者3名の意見で見送りになった.


私も怠け者なので、それ以外、活動もしていない.




このブログを読む人はスウェーデンに関心がある人々であろうが、



日本の営利企業たちは、



民族の啓蒙、
などということは考えていないのだから、




今後、次の2世代くらいあとになって、



日本人はスウェーデン人の国民性も知って、



少しは、文化も、その結果、政治も、上向くかもしれない、というのが未来図であろう.



ヒトは、



人類総叡智の向上を目指しては生きていないのだから、仕方ないのである.




k
121029

この記事のURL | 言語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデンに留学しようという日本人大学生に告ぐ (ii) とりあえず例証1つぐらいは
- 2015/07/23(Thu) -
care



という文字が日本人の目にはいったとしよう。




日本でも、当たり前のように、商品の記名に使用されているものである。







この文字らしきものの羅列が、



何か、 皮ふ か、 髪 か、身体が不自由な人か(片輪と呼べと後輩の乙武くんが言っていたが)高齢者か、なんらかを










「大事にする」




という意味であろう、


とわかるのは、



欧米人の子どもなら、自国の類義語、あるいは、類義語にない単語として特に教わるので、4,5歳で、わかるが、




日本人の若者なら、15から18ぐらいでわかるようになるのが関の山だろう。





思春期を、これら諸々の当たり前の世界語を知らないで生きるのと知って生きるのとで、







大学に行くころの精神年齢、世界観の広さ の差は?








僅かの、



研究者とか、 実業家とか、  が



世界に日本人の名前をはせているが、





そんな、「僅か」 は、




日本に限らず、アジアやアフリカのどこにでも、存在する天才偉人たちのことなのだ。

日本が偉大なわけではない。








日本人の若者たちよ、





世界へ行け、いや、行くのはもはや容易な時代。 行って、戦え、己の能力を駆使して戦え。




そのために、




外国語を英語以外にもマスターせよ。当然の使命である。世界人になるならば。

スウェーデン人だって、見ているぞ、きみが、故国で訓練してきた英語だけで済まそうとしているか、
日本ではちゃんと教われないスウェーデン語をマスターする気概がある外国人か、を。
スウェーデン語をマスターしなければ、英語を知らない幼児のスウェーデン人とか。、
英語を忘れた高齢のスウェーデン人とは会話できない。


真実を言えば、

英語を知っているくらいでは、世界人ではない。







そして、諸外国人に劣らぬ体力も、当然に、もて。







それができる日本人若者はいるであろう。





日本の開国をまっていた日本史の先人たちの後裔に、








きみらこそ、なりたまえ。











この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本人にはないスウェーデン人の行動思考様式 (i)
- 2015/07/19(Sun) -
ものごとをあるがままにしておく、



という考え。




もちろん、重要文化財に落書きをする国民の真逆であるが、そのようなことだけでなく、




住居の周囲にふつうにいるハリネズミを捕獲して飼育しよう、などと考える者もいない。




生物も、あるがまま、がよいのだ。




さらに、




落し物は、そのまま、路上に、建物の通路に、さわらずに放置しておく。




日本人の大半がするように、それを拾って、近くの商店か人が立ち寄りそうな場所に預けるほうが親切だ、って?




モノを落としたのは持ち主の過失。



そして、それを捜そうとする持ち主が真っ先に来るのが自分の通った場所。



だから、放置しておくのがよいのだ。




それが、財布だったら、って? スウェーデン人の集団には、それをネコババするような者はいない。移民ならいざ知らず、という安心館がある。



それが、ハンカチとか洗濯ものとかで、路上で埃にまみれるままになろうとも、って?



汚れは、回収した持ち主がきれいにするべき、こちらが心配することではない。



人によっては、他人に、拾われ、さわれたものはもういらない、という者もいるかもしれない。



あとは、それが泥にまみれたら、定期的に来る掃除担当者が始末するだけのことである。





ものごとをあるがままにしておく、





たぶん、日本民族が決して1世紀ぐらいでは身に着けられない行動思考である。





この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
悲しみにかわりはなく
- 2015/07/18(Sat) -
先月、我が家で生まれて9か月ほどした猫が家から少し離れた路上で死んでいた日、







お隣の協力をえて埋葬を済ませて、







それでも、自分でもクルマを走らせていたら、







ラジオで、なんとかいう人間国宝の人物が死亡したニュースをやっていた.







その人物の家族の悲しみと私の悲しみに深さも性質もちがいはあるまい、と確知した.







そして、このニュースを聴いている私のような一般の人々とあの猫の死骸を私より先に路傍で見た人の悲しみ、いや無関心さも同程度のものであったことだろう、と直覚した.






それを、いま、書いておく気になった.






20121229-093242.jpg

130715
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデンに留学しようという日本人大学生に告ぐ (i)
- 2015/07/16(Thu) -
実力をもて




日本の大学教授の顎の下をさわってごきげんとれるのは 世界の実力ではない。





この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一期・学習
- 2015/07/07(Tue) -
休日午前のマーケットのレジで、私の前に2人の子ども連れの家族を見た。


私は人生で一度も結婚はしなかったが、子どものいる生活を2度経験したので、
「家族の幸せ」 というものを知っている。あれが、生きる幸せ、であろう。
もっとも、それらの子どもは、私とは血がつながっていなかったが、
血のつながりが必須なものではないことはスウェーデンでじゅうぶん見ていたので、
私は何ら心配していなかった。

しかし、日本人の悲しいニュースしかしらない親族たちが、私たちの 「幸せ」 を理解しなかった。



◇◆◇◆◇



私は、学生時代も、社会人になっていた時期も、スウェーデンでも、それなりに恋人は幾人かはいたが
そのだれとも結婚しなかった理由の大きな1つが
子ども時代に、父親が私の母親を殴打するのを見ていたからだろうとおもう。
家庭イコール悲劇、という連想が脳裏から離れない。
あの光景は、いまも恐ろしく、顔面に青あざをつくった母親の痛みはいまも私の苦痛だ。
当時小学低学年だった私は、わけのわからぬ弟をはげまし、
父親にとりあえず声をかけて、深夜の町をスーツケースをもって隣町へ歩く母親を探してまわった。



先の子どもとその母親との生活でその苦痛の記憶が打ち消されそうになったころ、
しかし、その生活も終わりを告げざるを得なくなった。
私は、家庭の幸福の味を知っただけで、その中にい続けることなく終わった。



◇◆◇◆◇



父親は、そうしたDV行為を子どもの私にいさめられたことがあってから
いっさい学生期の私に親としての経済的扶助をしなくなった。
私には大学の学資は一切払わず、弟だけが、大学卒業までスネをかじり車の免許までとらせてもらった。


私は、大学に入るため家を出てから30年以上、実家で正月を迎えたことは片手の指ほどもない。
あるのは、スウェーデンから帰国して挨拶に顔を出したときくらいだったろう。
若いころに外国に憧れたと言っていた父親は、私の海外修行に何の関心も示さなかった。



◇◆◇◆◇



周囲の取り決めで私と訣れることになった血のつながらない子どもは、私の胸を涙で熱くぬらした。



かたや、先日逝った私の父親は、帰国した私が差し出した握手を 「よせ」 と拒否した。



血のつながり、とは何か意味があるのか。



私にすれば、上記の子ども(男子)や、その後、週末親をしていたある少女のほうが
だれよりも私という人間を精神の中にとどめたようにおもう。
そして、何人かの、予備校や塾で教え、手をやかされた若者たち。また、昔の恋人たちも。




「年をとって家族がいないと不安だろう」 という者がいるが、
家族がいて、寝たきりの自分にアイスクリームを買ってきてもらうことなど、私は幸せとは思わない。



自分の気持ちが確かに伝わる人間をもっていること、
それが、他人の子どもになっても、それが、他人の教え子になっても、それが、他人の家で暮らしても、
私の精神を記憶する者、それこそが生きる財産だ。


◇◆◇◆◇


人間がもっと広く愛し合えるようになればよい。他者への愛情が無辺に広がることが排斥の対象にならぬ世界になるとよい。


f


(本記事は2009年1月24日に書かれた.)
この記事のURL | 我が基層 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
おもてなし、とか
- 2015/07/06(Mon) -
高校生が、推薦入学を受験する大学の小論文の過去問だといって、曽野綾子さんの、「おもてなしの違和感」 というタイトルの文章をもってきた。それで原稿用紙二枚を書くのだそうだ。


私は、曽野さんの文章を読む前に、欧米人にアピールすることと日本人が受ける印象とは違う、ということを話した。


例として、黒澤明監督の自伝的映画についてふれた。無論、欧米向けの自伝映画である。


日本の風景や事物の描写が、現実にはありえない色調でアピールしていたそれは、欧米人の目には東洋の美に瞠目させただろうが、日本人からすると、そんなものないだろう、というしらけた印象しかない。だから、日本では、そのクロサワ作品は流れない。流れる必要もない。





「おもてなし」 も、そんな精神が廃れたところに海外アピール用に担ぎ出された言葉のようで、違和感、が私にもあった。



そんなことをうけて、いま、高校三年生は、自分の体験で文章を私の家で書いている。




若者と接しているだけで、年輩者もまたものをおもうことができるのだ。



私が若いころは、私には、


老いるということは、使い物にならなくなる、ということと同義だった。


仕事や勉強に精励できなくなり、


怠けているところしか目に付かないのが私の周囲の初老以上に見えた。



自分もその年齢になって、

頭脳身体が衰えたのはほぼ当たり、しかし、

おもったほどの劣化でもないのかもしれない、

というおもいもまた。

私は、いま沖縄にいるが、

東京を出たときには、

50半ばには死ぬだろう、

とおもっていた。

いまもそうおもっているが、

しかし、自分はまだなにかできる、

という思いも消えていない。


そんなことで、あきらめのわるい、我の強い、頑固なジジイができているのである。



20140915-085942.jpg


140930
この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ある翻訳者
- 2015/07/05(Sun) -
釜ヶ崎の牧師だという人物が、かの聖書の翻訳を自らも行っているという。


有名な、「悔い改めよ」 ということは、「苦しみを与えている人の側から見よ」 という訳語になるという。

「柔和な人は幸いである」 は、「抑圧にめげない人は神からの力がある(=神の力がある)」 が正しいという。



私は、聖書は、ゴート語を含む古代ゲルマン諸語の訳でしか読んだことがないが、

きっと、指摘のようなことが随所にあるのであろう。




翻訳者、


私の職業、というものも、そういうことになるだろう。


翻訳 とは、不思議な作業である。


自分で創作した作品ではないながら、ことばひとつひとつ、その結果、書物全体がもつ空気まで左右することになるのが翻訳である。



尊い作業をする人物を知った休日の朝である。


* * *
「人は、どんなにみじめな死に方をしようが、それで、
その人の人生が、みじめだった、ということはない。
イエス自身も、十字架上で、
我が神よなぜ私を見捨てたのか、と言って亡くなった。
私も、修道者らしい死に方ができる自信ないです。
それでもいいんだ、ということを教えてくれるのが・・・」

この記事のURL | 言語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
記憶
- 2015/07/03(Fri) -
久しぶりに、映画、Brave Heart を観てみた。






映画の舞台のスコットランドやイングランドばかりでなく、

古ゲルマンの文化が、スウェーデンにも残っていて、






そこで、私は、心地よく、勉強して、運動して、恋愛をしていたのだったことを思い出した。







スウェーデンの気風など、日本人は、これから、英語圏、ドイツ語圏、フランス語圏、などいろいろ親しまなければならない未開人だから、スウェーデンのことはまだまだ1世紀くらいは先にならねば知られないだろうが、





そのころに、




ドイツだけがゲルマンではないことと、





その精神の雄渾さを学びたまえ。いま、未来を確言しておく。




20130123-060939a.jpg

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
愛情のあり方
- 2015/07/02(Thu) -
種(しゅ)の異なる同棲者たちに、

手術をする、ワクチンやその他の注射を受けさせる、無論、好物を与える等々、

明日にも私に愛想をつかして逐電するかもしれない毛物たちに全国最低賃金で働く離島の私が世話をするのは、

なぜなのだろうか。



そんな時間と労力があるなら、

いまからでも遅くはない、嫁をもらって自分の子どもをつくれ、

と、先日、弟を亡くした私に真顔で母親や伯父たちが言うのだから笑える。私ももう58だ。



◆◇◆◇◆◇



私は親になったことがないから、親の感情を知らない未熟者なのか。


物故した私の父は、死ぬまでの40年間私と暮らしていず、会ったのも、


私がスウェーデンから一時帰国していたころの2、3回くらいであった。


そんな私に十代終わりまで出資した父は、なぜだろう。


家名を上げるため私に期待したのか、いや、やはり、


自分の子どもだから、無償の愛を注いだのか、


単に、家族構成員として有能になってもらわないと困るとおもってのことか。



* * * * * * * *



私にも、たぶん、無償の愛情を注いだ、血の繋がらない子どもが二人いた。


「授業参観」 という記事で書いていいる アキラ と、


カメのアプの話で書いた もー という娘である。どちらも小学生時代を私と過ごした。その母親(別人だが)とも。


私は彼と彼女をともに、自分の一部のように愛した。


あれが、親の愛情だろう、と当時確信した。


私が知るスウェーデン人映画監督も、どういうつてか、北朝鮮人の娘を養女にしていた。


地の繋がりのない子どもにも、愛情はもちうる、と言えるだろう。


愛情というと、男女のそれを真っ先に思い浮かべがちだが、


考えたら、


パートナーとして、セックスもして生活の相談相手に対する愛情もあれば、


子どもに対する愛情もあり、


いや、職場同僚に対する正しい愛情もあり、


部下に対する愛情、


教え子に対する愛情、


隣人に対する愛情、


そして、種の異なる生物に対する愛情、


など、愛情の正しいあり方は、この世のあらゆるものに無限にあるのではないか、


そして、親子の愛情も、


そうしたことの一形態に過ぎないのではないか。






そう考えると、


私は、


子どもに対する愛情とか、種の異なる生物に対する愛情とか、よく知ることができている。

 
いや、離島の私のところに勉強に来る子どもたちのおかげで、


生徒、あるいは、弟子、に対する愛情も気づかせてもらえた。


そして、そういえば、東京の職場で、部下に対する愛情を気づかせてくれた若者もいた。


幸いなことに、パートナーへの愛情もいくつか。



◆◇◆◇◆◇



ヒトの世界は、ヒトそれぞれがみな考え方が違うのが当然なので、相互理解などありうるはずもなく、


それでも、組織や社会が成り立っているのは、みんな自己保存ために折り合いをつけているからだ、


という言説があり、それはそうだとおもうが、


かように、愛情が無限の種類、無限の方向にありうるということでもあるならば、


それはそれで、


ヒトの世界も捨てたものではない、とおもうのである。



アキラと

ap

DSC_0009.jpg

DSC_0128.jpg

GRP_0077.jpg

DSC_0004.jpg

080505_0636~01

KIF_1175.jpg

この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かくて愚者となりにけり
- 2015/07/01(Wed) -
           うぬぼれているのはちがう


            不遇をかこつのもちがう


            現状に安んじて笑みたたえるのもちがう


            明日をおもいわずらい苦悶するのもちがう


            他人からの恵みを待ちわび胸ふくらませるのもちがう


            頼れるのは自分だけと力こぶつくり鼻息荒げるのもちがう


            お金をもつことにより頭もたげる自信はちがう


            人からの攻撃に凹む自意識もちがう


            望ましい人に愛せられても自分を肯定する気持ちはちがう


            愚かな他人に害せられてもそのニンゲンを憎む気持ちはちがう


            決して他人をきめつけず     決して自分はもうわかったと言わない


            決してこれでよしと思わず    決してないものも数えない


            しかし、日々自己向上努力は怠らず   汗を流して働き


            優れた智慧の言葉に耳傾け        世界の美しさを観つめている


            寄り頼む人や組織や思想がなくとも自分を不定とおもわず


            誤りを排したところにのみ自分を置くよう心を保ち


            不定の境に定住する.



      
   
            人中に在りつつ申し訣ないが       このようでしか生きられぬ.
           


m






(本記事第一稿は2009年3月12日に書かれた.)


           

           




           
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |