2014 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2014 03
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
すばらしき哉 地上
- 2014/02/27(Thu) -
『河童』 の中で、芥川龍之介が、たしか、文学よりも芸術性の点では音楽のほうが優る、というようなことを書いている箇所があったとおもう.

ある情況、ある心情を人の精神に喚起するのに、文章の力よりも音楽のそれのほうが力強い、というような、文学者・芥川なりの詠嘆でもあったのかもしれない.


私はいまは、ほとんど音楽を聴かないが、二十代前半、大学そばの下宿に一人暮らしをしていて、テレビもない生活をしていたころは、カセットテープで音楽をよくを聴いた.といっても、クラシックなどではなく、内外のポップスとかである.



数年前、東京・上野を、血のつながらない娘と散策していたとき、8月の末の夕方だったかとおもうが、突然、カメラとマイクのクルーに取り囲まれ(テレビ朝日だったか)、
「仲のよさそうなお父さんと娘さんなので、ひとつ、よろしいですか」
と引き止められ、「お父さんの、夏の終わり、というイメージの曲をお聞かせ願えませんか」 と質問を受けた.

突然でもあり、また、もう音楽といえば、その娘のピアノ発表会に行く程度の縁しかなかった私は、若いころ聞いた曲の題名を何も思い出せなかった.クルーは最後には、「たとえば、サザンで何か、とか」 とまで言って誘導しようとしたが、私は 「なにもおもいつかんなぁ」 としか言えなかった.娘に、「おまえ、なにか言えよ」 とふっても、さっきまで私の前でぎゃははははとわらいこけていた小5の娘は、手を後ろに組んで脚をもじもじさせて 「わかりませぇん」 とカメラの前でしなをつくっただけだった.


いま、インターネットでサザンの曲を検索したら、「夕方hold on me」 という曲が目にとまった.

ああ、ちょうど夕方だったから、こんなのでも彼らに答えてやれたらよかったのかもな、とおもった.

この曲の時代が私が彼らを聴いていた時代だった.もっとも、当時の私は、別に恋人がいたわけでもなく、人生最大の望みは、きょうこそ、平行棒で棒状宙返りが成功しますように、ということだったが.(私は、器械体操を大学でしていた.) たぶん、私の高校の同窓たちが大学を終わって就職活動をしていたころに、私はまだそんなだった.私が本格的に学問をするようになったのは、選手をやめた22歳のころからだったのだ.

そして、サザンのその音楽を実に30年ぶりくらいに聴いて、あらためて意味のない歌詞だとおもいながらも、あのころの三畳一間の、いまよりも確実にエネルギーも希望も溢れていたころの自分の心情と生活の空気を思い出した.


スウェーデンで録音してきたテープを聴きながら、冬の東京に一時帰国して出版社で原稿を書いていたころの自分の心情もまた、当時聴いた音楽とともに思い出す.


それらの音楽がもたらす効果は、たとえいま南の離島にいるといっても、いまの生活の中の風景ではなく、きまって、あのころの東京やスウェーデンでの風景と自分の心のありようなのだ.文章でそれを表そうとすると、おそらく、当の本人の私にもそれは到底できるものではないのに、音楽とそれらは確実に結びついている.


――――――――


私には音楽の才能はない.しかし、世界には、それを備えて、人々にその効果を供する人間がいる.いろいろな才能・能力をもつ人間によって世界は成り立っていて、それが、すばらしい、とおもう.
商業的成功などとは無関係に、愚かで過ちの多い人間たちでも、このようにさまざま多岐な才能をもってこの星でうごめいているのは、それはそれですばらしいことだと単純におもう.


c



(09.11.11.記)

スポンサーサイト
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
gods
- 2014/02/26(Wed) -
ヒトは、いろいろな仕方で生きている.

汗ひとつかかないで、だれかにささやくだけで、裕福に生きているヒトもいるし

毎日、骨と筋肉をすりへらして汗みずくになってやっと糊口をしのげるヒトもいる.

好きなことしてじゅうぶんに周囲から尊ばれて不自由なく生きているヒトもいるし、

好きなことをするには、ほかで生活の大半の時間を費やさなければならないヒトもいる.


◆◇◆◇


猫でさえ、あたたかい部屋で一生食餌に不自由しないで生きるものもいるだろうし、

こごえ、空腹で、不意の出産の苦痛を毎季節味わって早々土になるものもいる.

雨風にさらされながらも、自由に走って飛んですごす野生もいるだろうし、

コンクリートと檻に囲まれていのちをうしなって生きるものもいる.


◆◇◆◇


どれがよい、とか、どれがうらやましいとか、を、

少なくとも、

猫は言わない.


彼女彼らは、常に雄々しく、常に敢然とし、常に神々しい.

たとえ、クルマに轢かれても.

たとえ、病に動けなくなっても.




(2012.3.26)

この記事のURL | いまも | CM(0) | TB(0) | ▲ top
文化と風土と感情と
- 2014/02/25(Tue) -
土地には、そこならではの気候と、地形的景観と、人々の気質、というものが必ず伴う.

クリスマスの風習は日本にもあるが、地球人が生んだ 「クリスマス」 の景観は、北欧でなければ味わえない.

それには、暗い空と、いてつく寒さと、足元に光る雪と氷と、窓辺に輝く電飾が必須だからだ.

そして、たぶん、広大な風土と、他者に寛容で心こまやかな人々もまた.


その一方で、新年の祝いの仕方は、日本がその第一の土地だと名乗りを挙げてもよいだろう.


ヨーロッパでは、新年明けは、クリスマスの一部で、私がいたスウェーデンのウプサラ大学では、元旦から授業もあった.

陽光輝き、やや暖かすぎる屋内の暖房と身ひきしまる外気と、その日は威儀を改める人々とが、新年明けにふさわしい.


・・・・・・というようなことを私が言うと、世界には、もっと 「これにはこの土地がふさわしく象徴的」 という候補がたくさんあることだろう.


恋人としみじみ歩く場所として象徴的な通り・・・・・・
子どもが落ち着いて登校するのに象徴的な環境・・・・・・
地球文明の最先端を研究するのに象徴的な場所・・・・・・
独りで隠遁したい修行者が身をおくのに象徴的な土地・・・・・・
若者が集まって能力を全開して生きてゆくのに象徴的な街角・・・・・・

そんなものが無数にあるのが 「世界」 なのだ。
画家や写真家や映画監督や小説家たちは、そのような風土を求めて世界を観る.
だから、人は、広い世界を知るべきだし、それが、その人間の中身の広さを決めるのだ.


スウェーデンの草原の風を知っていても、日本で生きるのには何の役にもたたないだろう・・・とおもう人がいたら、その人は、まだ、生きることの意義がわかっていないということだ.

生きる、ということの意味と、だれもが求める 「幸福」 は、目に見えないところに存するものなのだ.



k


(本記事は、2007年10月5日、東京において書かれた.)


この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪道でも行けなければならない
- 2014/02/23(Sun) -
雪が降ると天気予報で言っていた。
父親が都知事である気象予報士が、「雪道の自転車はぜったいにぜったいに危険ですからやめてください」と言っていた。大事なことは、そこじゃないだろう!

北欧最古のウプサラ大学があり観光名所である中部スウェーデンのウプサラでは、10月中旬から4月まで地面は雪と氷が覆っているが、当然、広いスウェーデンの土地を学生も主婦も自転車で行き交う。

路面が滑らないように、行政が毎朝整備するからだ。

日本ではそれをしないで、先日の雪も、「滑って転倒した人が…人」、という報道をしていた。それだけか?
怪我をした人は、行政を訴えないのか?
私に妻がいて、妊娠していて雪道で転倒してもしものことにでもなったと仮定しよう。私は、日本の道路行政の愚かさを許しはしない。

仙台に住んでいたときに、仙台市の道路課にそのことを言いに行ったことがある。
アキラの母親が、今度雪道で滑ろうものなら一生車椅子だと医師から言われたからだ。
課長の答えは、「あんたねぇ、仙台に道はいくつあるとおもってんの」だった。
スウェーデンではできることが、おまえたちにはできないのか。

きょうの芸人気象予報士も、父親の事前弁護をしていたにすぎない。もっと意味のあることを言え。
(この記事は、管理者の別ブログにおいて2006年2月に書かれたものである。)

この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
改メ
- 2014/02/20(Thu) -
このサイトのタイトルの説明として、「20年後には日本で通用するであろう外国語学習論サイト」 というものがあったが、いまは 「50年後」 に改める.


先日、NHKラジオで、私がスウェーデン時代に書いていた旧ブログの記事 「オーロラ番」 の内容と同一にして、それ以上の新しいことが何もない報道が15分以上にもわたって驚嘆と不思議に満ちた外国事情として現地から報じられていたから.

15年たっても日本人の外国認識は極々瑣末な点でしか私に追いつけないのであれば、外国語学習については、まだまだその次の次の世代かもしれない、と思うがゆえ.








この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデンの本質を言おう
- 2014/02/15(Sat) -
私がスウェーデン人を、スウェーデンを語る理由は、

そこの人間が、

健康的で (不純物のあるものに敏感、という意味で)、

肉体的で (身体を鍛え、管理する、という意識が高い点で)、

明晰で (ノーベル賞を生んだ国だけあり、機能的で合理的な考え方が浸透している)、

公正である (精神や身体に支障のある人の、また、人種・男女の平等、女性の保護、性的問題からの真の意味での自由、などが、かなり高い次元で実現している) 点によるのだ。

日本人が、彼らの意識においつくときがあるのだろうか。

東京でそれがなく、南国の地に来てみた。土地の人間はすばらしいが、そこに移住して慣れた内地出身者の、特に若者たちは、偏狭な日本人の典型だった。その度合いは、ある意味、日本的最悪さの側面と言える、縄張り意識、利益受容体質、放埓にして野放図、を具現している事態だった。彼らは、「弱い」のだ。取り入り、しがみついて、持ち上げられている意識がないと生きていけない。それゆえに、自分に迫り来る者を排斥する。

人を、その人そのものとして観る視座がもてないのが「弱さ」の原因だ。健康的で明晰な思考と公正さを忘れている。

彼我の差は、遠い、遠い。

m



(本記事は2007年6月9日に書かれた.)
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデン人の恋愛とセックス (総括的お答え)
- 2014/02/14(Fri) -
この私の気まぐれなブログに訪れる方の、そう、90パーセントが、スウェーデン人の恋愛とセックスに関して興味をお持ちの方々。

恋愛と、セックス、


これ、
なにも、スウェーデン人に習うこと?

と言っても仕方ない。日本では、明治以来の男尊女卑の名残による男性の横暴、その反動としての女権論者の過剰な絶叫、子どもを大事にする一方でなお子どもは恋愛の副産物のようにおもう風潮、セックス産業花盛りの事実に見られるような、性をほんとうにたのしむ気持ちと土壌の欠如・・・
数えれば、日本人は、恋愛とセックスについて、まったく、無知な民族なのでしょうか。






人を、ただ、愛せばいい。

まず、それが最初。


相手をよくわかりなさい。顔や、成績や、将来性で、「愛する」とはスウェーデン人なら言いいません。


したしくなって、たくさん話をして、それでよければ、セックスすればいいのです。



「話」と「セックス」の期間が急だって?



その前に、たくさんたくさん「話してほほえみあう」ということですよ。


スウェーデン人は日本人が想像しているように簡単にはセックスしません!

でも、するときは、もう盤石の関係です。

私の知る日本人女性は、親が「婚前交渉」を厳禁したために恋人の欲求を常に「口」で処理し続けた結果、
自分が頸椎ヘルニアになり、半身不随です。
これも日本人のセックス観の被害者の一例では?




セックスは、大事。セックスの嗜好が合わないでだめになるカップルも多い。極端なことでなくとも、気持ちよいことを相手がしてくれるかどうか、ということは、だれにだって重要なはずですもの。




そうやって得た「恋人」はだれにも代えがたい。人生の分身。


それでもスウェーデンでは離婚が多いだろ? って?

その通り。


恋愛とセックスのハードルが高いからです。怠けていたら、すぐにハードルに脚をかける。



自由に人を愛しなさい



ただ、好き、でいい


そうなら、しっかり相手をロックオンして、じっくり着実に認めてもらうようになればいい。



キスもセックスも、一つの通過段階。


ほんとうのつきあいの始まりは、


彼女を、彼を、真に理解して、それを許し認めたいせつにいとおしくおもうことからはじまる。

それは、でも、セックスをするときにはもうわかっていることなのだけれどね。



日本人の読者みなさん、


よい恋愛をしましょう。



人生が、きっと、かわります。



Bacco


(20111204)
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデン人の異性とのつきあい ── あるコメントの男性へ
- 2014/02/12(Wed) -
いつも書いていることですが、


私が知っているスウェーデン人とは、北欧最古のウプサラ大学の大学院生及び教員たちがほとんどですので、


私が知るスウェーデン人像もまた偏りがあるかもしれません。それをご承知で以下をお読みください。




◆◇◆◇◆◇



スウェーデン人は勤勉ですから、こちらの勉強進度を話題にするのは最もふつうのことです。



友人に会ったら、日本人の大学生のような駄弁をするより、互いに大事な話題を語るのが正しい友情とわかっています。




お酒に誘われてもそれでなんの意味もありません。恋愛ではありません。



これもあちこちで書いていますが、独身女性が男性を自室に泊まりで食事に招いても、



用事を頼まれて部屋の鍵を渡されても、



それで恋愛ではありません。



スウェーデン人は男女とも、性的なことよりも互いの人格を尊びますから、



夜に招かれても、ただ話がしたかっただけ、ということです。



ウプサラ大学寮では、共同リビングのソファで男女ともパジャマで肩くっつけあって一緒に深夜映画を観たりしますが、



それも、なんのこともありません。日本とは違います。偏狭な性意識の消えた国だからです。





他者に対して誠実な国民ですから、私でも、教わった教授にメールをすると十年たったいまでも懇切な返事をくださいます。



スウェーデンでの私の就職に尽力してくださったウプサラの教授もいます。




自分の結婚式や子どもの写真を送ってくれる友人もいます。



ですから、日本人とは、他者に対する好誼の表し方がまるで異なる国民だと理解するのがよいでしょう。







そのあとで、恋愛は生まれるものなのです。





じっくりと時間をかけた交際ののちに。









互いの人格が高まるような、よき恋愛をなさってください。 スウェーデン人はそういう恋愛を求めます。





3114424-Uppsala_Old_Town_Uppsala-1.jpg
Uppsala
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデン時代の私の写真二葉
- 2014/02/11(Tue) -
機械の使用に偏りのある私は、最近やっとスキャンすることを覚えた.



猫たちがドアを駆け上がるので、写真を避難させたついでにスキャンしてアップする.



上は、学生寮の裏の林での私. よく、飼い猫の Huga と散歩した.



下は、奥が私の愛車、スウェーデン軍払下げの軍用自転車.頑丈.足ブレーキ.500~700kr.
私は4年間で2台使いつぶし、3台目は、帰国時に郵便局に航空便の荷物を何度もクルマで往復して運んでくれたドイツ娘が欲しいというので謝礼に渡した.向こうの建物が寮.見えるドアはゴミ置き場.燃える家庭ごみ用、その他用.小さい窓の向こうはランドリー室.


Djinn Yima


min cykel

この記事のURL | 我が基層 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
抱き合わないことから
- 2014/02/09(Sun) -
スウェーデンにいた間に、さよならのときに抱き合うのが当たり前に感じるようになった.

私にそういう習慣を身につけさせたのは、

学校の女性教師や、

ニーナを始め女性の友人たちだ.


帰国して、おもわず父親にそうしようとしたら、嫌悪の表情と言葉とともに拒絶された.

父親は、若いころは航空管制官をしていて、海外に出ることは夢だったと言っていた.

日本人らしいといえはあまりに日本的な反応に、私はたちまち冷静になって、
それから日本を観察するようになった.


a



(本記事は2007年3月14日に書かれた.
ここに書かれた父親も、その肉体は既に灰になった.)

この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
わからないもの 我等
- 2014/02/06(Thu) -
        自分が本気なのかどうか  



        本気でなんとかしようとしているかどうか






        自分の知見がどれだけの広さか  



        自らの悟性がどれだけ狭い基盤の上でものを考えているか





        自分がわかっていないことがなんなのか



        自分より優れた者がどれだけ自分にない根拠でものを考えているか







        ニンゲンなど、これほどの無知の中で生きているのだ




        数千年前のギリシャ人が言った 「無知の自覚」 これさえも




        困難なのだ




        いかに我々、科学技術進歩した後代の者にとっても.




20130511-123517.jpg


130514
この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデン人と親しくなるには?
- 2014/02/04(Tue) -
スウェーデン語を話せるようになることです.



スウェーデン人は、マーケットのレジのおばさんでも英語を話せますが、



スウェーデン人の子ども、スウェーデン人のお年寄りと話すには、



スウェーデン語でないとだめですから.



子どもやお年寄りの感性や知恵を聴けないのは残念ですよ!



スウェーデン人はスウェーデン語に誇りをもっていますから、



スウェーデン語を話すことはスウェーデン人への礼儀でもあります。



まあ、



あとは、大丈夫、女性も男性も、



他者に苦痛を与えるのをなにより嫌う人々です。



日本人が丁寧で親切な国民?



まさか! スウェーデン人をご覧なさい。




k


121016

この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
離島での伴侶
- 2014/02/02(Sun) -
130520
071101_0647~01

私は結婚歴がない.


一緒に暮らした母子や、週末親をした娘とかはいるが、長かった後者で3年ほど.


恋人でも、長かったのは、何年だろう.片手の指の数ほどだとおもう.


無論、つきあいは 「長さ」 ではない.


つながりの 「強さ」 は、どんな恋人や家族も同じだ.  少なくとも、私、には.


スウェーデンから帰国して2001年.


その後、仙台と東京を経て、沖縄の離島に来て2008年.


確たる定職もないのに、まだ、南の島にいる.


貯金があったわけではない. 人生で初めての仕事を数々しおおせてきただけだ.


そんな私の島生活の最初からの 「彼女」 がこの三毛猫だ.


080527_1929~01


やがて、室内に入ってきたが、窓を閉めると退路を求めて走り回った.


090210_0926~01


私のところに勉強に来る高校生たちもその存在を愛でるようになった.


080902_1041~01



やがて、彼女は子どもを産んだ.


肉をやると、自分は食べずに、せっせと子どもたちに運ぶさまは、母親の偉大さを私に教えた.


その娘もまた子を産み、その娘もまた子を産み、その娘もまた子を産み、その娘もまた子を産んだ.


その間、子どもが路上で死んでいたり、ベランダで死んでいたり、


ある母親も片目になった挙句に轢死したり


鍬もて墓穴を掘る私の回数も片手の指の数を超えた.


090903_0755~01


いま、吾が家にいるのは、完全室内猫だけでいえば、


そんな初代の彼女の、たぶん、何回目かのお産でのはぐれ子ども1ぴきと


彼女の孫の三度目のお産で唯一生き残った娘とその子どもたち5ひきとである.



「絆」 ということなら、過去の恋人や家族に劣らない存在となった彼女は、



さっきも、自分の遠い孫たちにおくれておそい朝食に来た.



三毛の彼女の名前は、印欧語の由緒正しき単語と 「お嬢吉三」 からとった漢字1字と組み合わせて



「蜜吉」(みつきち)



という. 



この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。