字幕嫌い、あるいは、「欠陥翻訳時評」賛
- 2013/10/28(Mon) -
私が高校生時代に愛読していた(株)研究社の雑誌に、


上智大の別宮貞徳先生の 『欠陥翻訳時評』 という記事が毎月掲載されていた.


高校生だった私は、


先生が理詰めで 「誤訳」 と断定した個所のみの記事であるにせよ、


世間の翻訳とかはこんなに阿呆な人たちが従事しているのか、ホントかな、などと、


多少は眉唾で読んでいたものだった.




その後、私も、外国語の道に進んで、


別宮先生の記事は、たぶんに理性で抑えたものであって、


短気な私だったら、



こんな阿呆どもに原稿を頼む編集者もド阿呆だ!



などと怒って文章さえ書けない世間事情であることがわかった.



私は、英語とドイツ語とスウェーデン語ほか北欧語がそれなりにわかるので、



もうそれらの翻訳図書は読まないものの、



映画は仕方なく字幕を読まざるをえないこともある.



明確な誤訳などでなくとも、根がせっかちな私は、単に、訳語が脈絡にそいきっていないだけでもイライラする.



アメリカでリメイクされたスウェーデンの少女ドラキュラの映画でも、



少女が親しい少年に自分がドラキュラであることが少年の出血でわかってしまった場面で



字幕は、"Försvinn!" を 「早く行って!」 と表しているが、



当然、その意味は、「私の前からすぐにいなくならないとあんたの血を吸っちゃうよ!」なのだから、



「消えて!」


とその単語の基本の意味通りに訳せばいいのだ. あるいは、「私の前から消えて!」.





少年がチラシ配りをするから、と少女の前から去ろうとしたときの少女の



"Tjärnar du pengar?" も 「バイトしてるの?」


だが、「それってお金になるの?」 が文脈からして正当だ.そのあとで、少女は札束を差し出す.






こんな程度で映画に没頭できない私に比べれば、



別宮先生の記事は、理詰めで、完全な 「誤訳」 だけを指摘していらした.



私は上智に進まなかったし、先生にもお会いしたことはない.




しかし、



私も翻訳書を遺した.





いつか、先生にどこかの世でお会いしたら、




若いころの私によき薫陶をくださったお礼をいくらしてもしきれない.








20130612-153455.jpg









この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これだけでも
- 2013/10/26(Sat) -
きょう、街で盲導犬を見た.





偉大な お犬さま、  と思わずつぶやいていた.







我らの多くよりも立派である.






胃の腑まですがすがしくなり.







立派なもの、すばらしきものは、まだまだ世界にあるものなのだ、当たり前だが、またわかる.





20130729-110212.jpg
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
微小なる
- 2013/10/17(Thu) -
胸が潰れるような悲痛をこんなに経験しているのに、



私はまだ生きて、仕事に今朝も行こうとしている.





そういう点では、



私も、あの偉大な母猫たちのように、




自然を体現しているのだろう.




われら、




おそれもよろこびも抱くことなく




過ちや成功に心動くこともない




この地上の微小なる生物のひとつのものとして.





20130807-082246.jpg


この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
偉力
- 2013/10/06(Sun) -
私がスウェーデン帰国後、仙台から東京に移ってから、




週末親をしていた娘は、




その携帯電話の待ち受けに、




私の住まいのドアを写していたと、後日その母親から聞いた.





いつ撮ったのか、どんな気持ちで撮ったのか、





子どもの動作と感情は、





どんな偉大な芸術家の作品にもひけをとらない.





結婚もせず、子どももいない私にとって、





ともに過ごした子どもはかつて二人、





このサイトの 『授業参観』 に書いたアキラと、この娘だ.





たぶん、いつか、自分の子どもを、ありえないが、もったと仮定したとしても、




彼、彼女、以上に私を慕ってくれる幼い魂を想像できない.いや、彼や彼女と同じようにともに生きられれば、




私は幸福なのだ.





19082006(006).jpg
この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2013/10/06(Sun) -
きょう、



日曜で、




私がずっとごろごろしていたからか、




この秋




初めて、猫が私の股間で眠り始めた.冬じゅう続く習慣である.春前にやめていたのに.




沖縄にも、秋が来た、ということなのであろう.




スウェーデンでも、いまごろ、中部では、初雪が舞い始める.
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |